北斗衛星ナビゲーションシステム

中国北斗衛星ナビゲーションシステム(BeiDou Navigation Satellite System、BDS)は中国自主研究開発グローバル衛星ナビゲーションシステム。続いてアメリカ全地球測位システム(GPS)、ロシア格洛纳斯衛星ナビゲーションシステム(GLONASS)に次ぐ第三の成熟した衛星ナビゲーションシステム。北斗衛星ナビゲーションシステム(BDS)とアメリカGPS、ロシアGLONASSEUGALILEOは、国連衛星ナビゲーション委員会は認定のサプライヤー。
北斗衛星ナビゲーションシステム
北斗衛星ナビゲーションシステムは、空間の段、地上とユーザー段三部分から構成して、全世界の範囲の内で、一日中に全天候各種ユーザーに提供の高精度、高い信頼位置決めナビゲーション時報ショートメッセージサービス、および具通信能力を備えて、すでに初歩エリアナビゲーション、位置決めや時報能力、位置決め精度じゅうメートル、タキ精度0 . 2メートル/秒、時報精度じゅうナノ秒。
2012年じゅうに月27日、北斗システム空間信号インタフェース制御ファイルの正式版1 . 0は正式に公表して、北斗ナビゲーション業務を正式にアジア太平洋地域を提供する受動測位、ナビゲーション、時報サービス。
2013年じゅうに月27日、北斗衛星ナビゲーションシステム提供エリア1週年正式サービスで記者会見を国務院新聞弁公室のニュースリリース庁で開かれ、正式発表した『北斗システムサービス性能規範(1 . 0版公開)』と『北斗システム空間信号インタフェース制御ファイル(2 . 0版)」の2つのシステムファイル。
2014年じゅういち月23日、国際海事機関海上安全委員会の審議、採択に北斗衛星ナビゲーションシステムが認めるの航海で安全通函マーキング北斗衛星ナビゲーションシステムの公式世界無線航法システムの構成部分であり、取得に向けて海事応用の国に合法的地位。
中国の衛星ナビゲーションシステムを取得している。国際海事機関認可。

北斗衛星ナビゲーションシステム発展の歴史

北斗衛星ナビゲーションシステムの見取り図北斗衛星ナビゲーションシステムの見取り図
衛星ナビゲーションシステムは重要な空間情報インフラ。中国を重視する衛星ナビゲーションシステムの建設、頑張って探索と発展に自主知的財産権の衛星ナビゲーションシステム。2000年には、まず建設北斗ナビゲーションテストシステム、我が国を継ぐ米、ロシアの後の世界の第3の自主衛星ナビゲーションシステムの国。このシステムはすでに成功応用測量、電信、水利、漁業、交通運輸、森林防火・減災救援と公共安全などの多い領域で、発生は著しい経済利益と社会利益。特に2008年北京オリンピック、ブン川地震救援の中で重要な役割を発揮した。良くするためにサービスは国家建設と発展を満たすために、需要グローバル応用、我が国の起動実施した北斗衛星ナビゲーションシステムの建設。

北斗衛星ナビゲーションシステム建設の原則

北斗衛星ナビゲーションシステム北斗衛星ナビゲーションシステム
北斗衛星ナビゲーションシステムの整備と発展を広めて、応用と産業発展の根本的な目標は、システムを建設システムを建設し、さらに良いシステムを強調し、品質、安全、応用、利益、以下の原則に従い建設:
いち、開放性。北斗衛星ナビゲーションシステムの建設、発展と応用は全世界に開放して、全世界のユーザーに提供する高品質の無料サービス、積極的に世界各国と発展広範で深い交流と協力を促進し、各衛星ナビゲーションシステム間の互換と相互操作を推進する衛星導航技術と産業の発展。
に、自主性。中国は自主建設と運営北斗衛星ナビゲーションシステム、北斗衛星ナビゲーションシステムの独立を世界的なユーザーにサービスを提供する。

北斗衛星ナビゲーションシステムシステム構成

北斗衛星ナビゲーションシステムから空間段ご粒静止軌道衛星とさんじゅう粒非静止軌道衛星構成、中国計画2012年ごろ、「北斗」のシステムを覆って、アジア太平洋地域で2020年頃に覆われて地球。中国を実施している北斗衛星ナビゲーションシステムの建設は、打ち上げに成功じゅうろく粒の北斗衛星ナビゲーション。システムの建設によって総体企画、2012年ごろ、システムはまず備わるに覆われてアジア太平洋地域の位置づけ、ナビゲーション、タイミングやショートメッセージ通信サービス能力。2020年頃完成に覆われ、世界の北斗衛星ナビゲーションシステム。
北斗衛星打ち上げリスト
打ち上げ時間 ロケット 衛星番号 衛星タイプ 発射地点
2000年じゅう月31日
 
北斗- 1 A
北斗いち号
2000年じゅうに月21日
 
北斗- 1B
2003年ご月25日
 
北斗- 1C
2007年2月にさんの日
 
北斗- 1D
2007年よんしよ月じゅうよん日4時じゅういち分
長徴三号甲
初の北斗衛星ナビゲーション(M 1)
北斗に号
2009年よんしよ月じゅうご日
長徴三号丙
第二ボタン(G 2)北斗衛星ナビゲーション
2010年じゅうななじゅうしち日いち月
第三ボタン(G)北斗衛星ナビゲーション
2010年ろく月に日
第4粒の北斗衛星ナビゲーション(G 3)
2010年はち月いち日5時さんじゅう分
長徴三号甲
第五粒の北斗衛星ナビゲーション(しかし)
2010年じゅういち月いち日00時26分
長徴三号丙
第六個(G 4)北斗衛星ナビゲーション
2010年じゅうに月じゅうはち日4時にじゅう分
長徴三号甲
第七の北斗衛星ナビゲーション(I2)
2011年よんしよ月じゅう日4時47分
第八個北斗衛星ナビゲーション(I3)
2011年ななしち月27日5時44分
第九の北斗衛星ナビゲーション(I4)
2011年じゅうに月に日5時07分
第十個北斗衛星ナビゲーション(I5)
2012年に月25日0時じゅうに分
長徴三号丙
第十一粒の北斗衛星ナビゲーション
2012年よんしよ月さんじゅう日よんしよ時ごじゅう分
長徴三号乙
第二、第十三個北斗ナビゲーションシステムネットワーク衛星(「1発の矢の連星)」
2012年きゅう、く月じゅうく日じゅうさんに分ける
長徴三号乙
第14、15の北斗ナビゲーションシステムネットワーク衛星「1発の矢の連星」)
2012年じゅう月25日23時33分
長徴三号丙
第十六粒の北斗衛星ナビゲーション
2015年さん月さんじゅう日21時52分 長徴三号丙 第十七粒の北斗衛星ナビゲーション
2015年ななしち月25日にじゅう時29分 長徴三号乙 第十八、第十九個北斗衛星ナビゲーション
2015年きゅう、く月さんじゅう日ななしち時じゅうさん分 長徴三号乙 第二十粒の北斗衛星ナビゲーション
2016年2月にいち日じゅうご時29分 長徴三号丙 第二十粒の北斗衛星ナビゲーション
2016年さん月さんじゅう日よんしよ時じゅういち分 長徴三号甲 第二十二粒の北斗衛星ナビゲーション
2016年ろく月じゅうに日23時さんじゅう分 長徴三号丙 第二十二粒の北斗衛星ナビゲーション

2000年じゅう月31日
北斗- 1 A
北斗いち号
西昌
2000年じゅうに月21日
北斗- 1B
2003年ご月25日
北斗- 1C
2007年2月にさんの日
北斗- 1D
2007年よんしよ月じゅうよん日4時じゅういち分
長徴三号甲
初の北斗衛星ナビゲーション(M 1)
北斗に号
2009年よんしよ月じゅうご日
長徴三号丙
第二ボタン(G 2)北斗衛星ナビゲーション
2010年じゅうななじゅうしち日いち月
第三ボタン(G)北斗衛星ナビゲーション
2010年ろく月に日
第4粒の北斗衛星ナビゲーション(G 3)
2010年はち月いち日5時さんじゅう分
長徴三号甲
第五粒の北斗衛星ナビゲーション(しかし)
2010年じゅういち月いち日00時26分
長徴三号丙
第六個(G 4)北斗衛星ナビゲーション
2010年じゅうに月じゅうはち日4時にじゅう分
長徴三号甲
第七の北斗衛星ナビゲーション(I2)
2011年よんしよ月じゅう日4時47分
第八個北斗衛星ナビゲーション(I3)
2011年ななしち月27日5時44分
第九の北斗衛星ナビゲーション(I4)
2011年じゅうに月に日5時07分
第十個北斗衛星ナビゲーション(I5)
2012年に月25日0時じゅうに分
長徴三号丙
第十一粒の北斗衛星ナビゲーション
2012年よんしよ月さんじゅう日よんしよ時ごじゅう分
長徴三号乙
第二、第十三個北斗ナビゲーションシステムネットワーク衛星(「1発の矢の連星)」
2012年きゅう、く月じゅうく日じゅうさんに分ける
長徴三号乙
第14、15の北斗ナビゲーションシステムネットワーク衛星「1発の矢の連星」)
2012年じゅう月25日23時33分
長徴三号丙
第十六粒の北斗衛星ナビゲーション
衛星の構成
打ち上げ
ロケットを打ち上げる
衛星
軌道のカテゴリー
運行状況
2000.10.31
CZ-3A Y5
北斗- 1 A
廃棄衛星軌道
仕事をやめて
2000.12.21
CZ-3A Y6
北斗- 1B
廃棄衛星軌道
仕事をやめて
2003.5.25
CZ-3A Y7
北斗- 1C
地球静止軌道85.3°E
正常
2007.2.3
CZ-3A Y12
北斗- 1D
廃棄衛星軌道
失効
2007.4.14
CZ-3A Y13
北斗- M 1
の中で地球の軌道~21500km
正常で、テストの星
2009.4.15
CZ-3C Y3
北斗- G 2
35594 x 36036 kmドリフト
失効
2010.1.17
CZ-3Cせ
北斗- G 1
地球静止軌道140°E
正常
2010.6.2
CZ-3C Y4
北斗- G 3
地球静止軌道84°E
正常
2010.8.1
CZ-3A Y16
北斗-しかし
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2010.11.1
CZ-3C Y5
北斗- G 4
地球静止軌道160℃E
正常
2010.12.18
CZ-3A Y18
北斗- I2
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2011.4.10
CZ-3A Y19
北斗- I3
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2011.7.27
CZ-3A Y17
北斗- I4
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2011.12.2
CZ-3A Y23
北斗- I5
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2012.2.25
CZ-3C Y6
北斗- G 5
地球静止軌道58.5°E
正常
2012.4.30
CZ-3B Y14
北斗- M 3
の中で地球の軌道~21500km
正常
2012.4.30
CZ-3B Y14
北斗- M 4
の中で地球の軌道~21332km
正常
2012.9.19
CZ-3B Y15
北斗- M 5
の中で地球の軌道~21332km
正常
2012.9.19
CZ-3B Y15
北斗- M 6
の中で地球の軌道~21332km
正常
2012.10.25
CZ-3C Y
北斗- G6
地球静止軌道110.5°E
正常

打ち上げ
ロケットを打ち上げる
衛星
軌道のカテゴリー
運行状況

2000.10.31
CZ-3A Y5
北斗- 1 A
廃棄衛星軌道
仕事をやめて
北斗1号
2000.12.21
CZ-3A Y6
北斗- 1B
廃棄衛星軌道
仕事をやめて
2003.5.25
CZ-3A Y7
北斗- 1C
地球静止軌道85.3°E
正常
2007.2.3
CZ-3A Y12
北斗- 1D
廃棄衛星軌道
失効
2007.4.14
CZ-3A Y13
北斗- M 1
の中で地球の軌道~21500km
正常で、テストの星
北斗2号
2009.4.15
CZ-3C Y3
北斗- G 2
35594 x 36036 kmドリフト
失効
2010.1.17
CZ-3Cせ
北斗- G 1
地球静止軌道140°E
正常
2010.6.2
CZ-3C Y4
北斗- G 3
地球静止軌道84°E
正常
2010.8.1
CZ-3A Y16
北斗-しかし
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2010.11.1
CZ-3C Y5
北斗- G 4
地球静止軌道160℃E
正常
2010.12.18
CZ-3A Y18
北斗- I2
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2011.4.10
CZ-3A Y19
北斗- I3
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2011.7.27
CZ-3A Y17
北斗- I4
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2011.12.2
CZ-3A Y23
北斗- I5
傾斜地球同期軌道傾斜55°
正常
2012.2.25
CZ-3C Y6
北斗- G 5
地球静止軌道58.5°E
正常
2012.4.30
CZ-3B Y14
北斗- M 3
の中で地球の軌道~21500km
正常
2012.4.30
CZ-3B Y14
北斗- M 4
の中で地球の軌道~21332km
正常
2012.9.19
CZ-3B Y15
北斗- M 5
の中で地球の軌道~21332km
正常
2012.9.19
CZ-3B Y15
北斗- M 6
の中で地球の軌道~21332km
正常
2012.10.25
CZ-3C Y
北斗- G6
地球静止軌道110.5°E
人の構成
北斗衛星ナビゲーションシステムは、空間の段計画35衛星から構成して、含むご粒の静止軌道衛星、27の中で地球の軌道衛星、さんの傾斜同期軌道衛星。ご粒の静止軌道衛星定点位置は東経58.75°、はちじゅう°、110.5°、140度、160℃に、地球の軌道衛星の軌道でさんの顔に軌道面の間を約120°均等分布。~2012年の年末北斗アジア太平洋地域のナビゲーションが開通した時は、すでに正式システム西昌衛星発射センターでしたじゅうろく衛星が、そのじゅうよん基のサービスを提供し、それぞれご粒の静止軌道衛星、ご粒の傾斜地球同期軌道衛星(いずれも伏角55°の軌道面上に)、よんしよ粒で地球の軌道衛星(いずれも伏角55°の軌道面上に)。
シリアルナンバー
衛星
打ち上げ
ロケット
軌道
使用状況
状態
いち
北斗- M 1
2007年04月じゅうよん日
長徴三号甲
の中で地球の軌道は、高度21559キロ、伏角56.8°
試験星未使用
北斗- G 2
2009年04月じゅうご日
長徴三号丙
誤差があるの地球静止軌道高度36027キロ、2 . 2°傾角
暴走使用しない
さん
北斗- G 1
2010年01月じゅうななじゅうしち日
長徴三号丙
地球静止軌道140.0°E、高さ1 . 6℃35807キロ、傾角
使用中
よんしよ
北斗- G 3
2010年06月02日
長徴三号丙
地球静止軌道110.6°E、高さ1 . 3°35809キロ、傾角
使用中
北斗- IGSO1
2010年08月01日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35916キロ、傾角54.6°
使用中
IGSO1
ろく
北斗- G 4
2010年じゅういち月01日
長徴三号丙
地球静止軌道160.0°E、高度35815キロ、0 . 6℃傾角
使用中
ななしち
北斗- IGSO2
2010年じゅうに月じゅうはち日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35883キロ、傾角54.8°
使用中
IGSO2
はち
北斗- IGSO3
2011年04月じゅう日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35911キロ、55 . 9°傾角
使用中
IGSO3
きゅう、く
北斗- IGSO4
2011年07月27日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35879キロ、傾角54.9°
使用中
IGSO4
じゅう
北斗- IGSO5
2011年じゅうに月02日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35880キロ、傾角54.9°
使用中
IGSO5
じゅういち
北斗- G 5
2012年02月25日
長徴三号丙
地球静止軌道58 . 7°E、高度35801キロ、1 . 4°傾角
使用中
じゅうに
北斗- M 3
2012年04月さんじゅう日
長徴三号乙
の中で地球の軌道は、高度21607キロ、傾角55.3°
使用中
じゅうさん
北斗- M 4
2012年04月さんじゅう日
長徴三号乙
の中で地球の軌道は、高度21617キロ、傾角55.2°
使用中
じゅうよん
北斗- M 5
2012年09月じゅうく日
長徴三号乙
の中で地球の軌道は、高度21597キロ、傾角55.0°
使用中
じゅうご
北斗- M 6
2012年09月じゅうく日
長徴三号乙
の中で地球の軌道は、高度21576キロ、傾角55.1°
使用中
じゅうろく
北斗- G6
2012年じゅう月25日
長徴三号丙
地球静止軌道80.2°E、高さ1 . 7℃35803キロ、傾角
使用中

シリアルナンバー
衛星
打ち上げ
ロケット
軌道
使用状況
状態
いち
北斗- M 1
2007年04月じゅうよん日
長徴三号甲
の中で地球の軌道は、高度21559キロ、伏角56.8°
試験星未使用
M 1

北斗- G 2
2009年04月じゅうご日
長徴三号丙
誤差があるの地球静止軌道高度36027キロ、2 . 2°傾角
暴走使用しない
G 2
さん
北斗- G 1
2010年01月じゅうななじゅうしち日
長徴三号丙
地球静止軌道140.0°E、高さ1 . 6℃35807キロ、傾角
使用中
G 1
よんしよ
北斗- G 3
2010年06月02日
長徴三号丙
地球静止軌道110.6°E、高さ1 . 3°35809キロ、傾角
使用中
G 3

北斗- IGSO1
2010年08月01日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35916キロ、傾角54.6°
使用中
IGSO1
ろく
北斗- G 4
2010年じゅういち月01日
長徴三号丙
地球静止軌道160.0°E、高度35815キロ、0 . 6℃傾角
使用中
G 4
ななしち
北斗- IGSO2
2010年じゅうに月じゅうはち日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35883キロ、傾角54.8°
使用中
IGSO2
はち
北斗- IGSO3
2011年04月じゅう日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35911キロ、55 . 9°傾角
使用中
IGSO3
きゅう、く
北斗- IGSO4
2011年07月27日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35879キロ、傾角54.9°
使用中
IGSO4
じゅう
北斗- IGSO5
2011年じゅうに月02日
長徴三号甲
地球同期軌道傾斜高度35880キロ、傾角54.9°
使用中
IGSO5
じゅういち
北斗- G 5
2012年02月25日
長徴三号丙
地球静止軌道58 . 7°E、高度35801キロ、1 . 4°傾角
使用中
G 5
じゅうに
北斗- M 3
2012年04月さんじゅう日
長徴三号乙
の中で地球の軌道は、高度21607キロ、傾角55.3°
使用中
M 3
じゅうさん
北斗- M 4
2012年04月さんじゅう日
長徴三号乙
の中で地球の軌道は、高度21617キロ、傾角55.2°
使用中
M 4
じゅうよん
北斗- M 5
2012年09月じゅうく日
長徴三号乙
の中で地球の軌道は、高度21597キロ、傾角55.0°
使用中
M 5
じゅうご
北斗- M 6
2012年09月じゅうく日
長徴三号乙
の中で地球の軌道は、高度21576キロ、傾角55.1°
使用中
M 6
じゅうろく
北斗- G6
2012年じゅう月25日
長徴三号丙
地球静止軌道80.2°E、高さ1 . 7℃35803キロ、傾角
使用中
G6

北斗衛星ナビゲーションシステムカバー範囲

北斗衛星ナビゲーションシステム北斗衛星ナビゲーションシステム
北斗ナビゲーションシステムを覆っている中国本土のエリアナビゲーションシステム、カバレッジ東経約ななじゅう°~ 140度、北緯ご°~55°。北斗衛星システムは東南アジア実現をすべてカバー。

北斗衛星ナビゲーションシステム位置決め原理

35機の衛星は地上に万多千メートルの上空では、固定の週期が地球の週りを運行で任意の時で、地面の上の任意の少しも同時によんしよ本以上の観測衛星。
衛星の位置を正確に分かるため、受信機による衛星観測の中で、私達は得ることができるまでの距離衛星受信機を利用し、三次元座標の公式、さんの衛星を利用し、構成の方程式さん、解け観測点の位置(X、Y、Z)。衛星の時計を考えると受信機の時計の間の誤差は、実際にはよんしよ未知数だが、X、Y、Zや鐘差から、第よんしよ衛星が導入を形成よんしよの方程式を解決し、その結果の観測点経緯度高度
事実上、受信できよんしよがちロック本以上の衛星、時には、受信機にいくつかのグループに分けて衛星の人に分布し、一よんしよ粒を通じて、そしてアルゴリズムを選ぶ誤差の最小の1組に位置決め精度を高めることによって。
衛星測位に実施した「到着時間差」(遅延時間)の概念を利用して、1粒の衛星の正確な位置と連続発送の星に原子時計生成のナビゲーション情報収集衛星からから受信機の到着時間差。
衛星で空中の連続発送時間と位置情報についての無線信号を受信し、受信機。伝送距離からの要素は、レシーバ受信信号の時より衛星発信の時刻が遅延し、通常のと呼ばれる遅延時間で、そのためも、遅延する距離。衛星受信機と同時に生んで同じ擬似ランダムコード二つのコードを実現し、いったん時間同期、受信が測定遅延;遅延に乗って光速が得られる距離。
一粒の衛星でのコンピュータと非常に正確に理解ナビゲーション情報発生器その軌道位置と係統の時間で、世界を監視所網連続追跡。
衛星ナビゲーション原理
行方衛星の軌道の位置やシステム時間。は地上の一次局と運控段と一緒に、少なくとも毎日一回毎に衛星注入補正データ。注入データが含まれて:星座の中で全ての衛星の軌道位置測定と星に時計の補正。これらの補正データは復雑なモデルの基礎の上で算出したが、数週間以内に有効なまま。
衛星ナビゲーションシステムの時間は1基の衛星に原子時計のセシウムや铷原子週波数標準を保つ。この星を一般的には明確な時計世界の調和に方便用ナノ秒以内)の数、方便用は、アメリカ海軍観象台の「主の鐘」を、すべての台の主な時計の安定性をいくつかのじゅう^ -じゅうさん秒。衛星を2部早期セシウム週波数標と2部铷週波数標準、その後徐々に変化が多く採用に铷週波数標準。通常、いずれかの指定された時間内に、それぞれの衛星にが一台しかない週波数標準仕事。
衛星ナビゲーション原理:衛星からのユーザー間の距離測定に基づいて衛星の打ち上げ時間と信号を受信機の到着時間の差と呼ばれる偽距離。ユーザーの3次元位置を計算するためと受信機時計偏差、偽距離測量要求少なくともよんしよ衛星受信信号。「じゅうさん」
衛星軌道から、衛星時計存在誤差、大気対流圏、電離層は信号の影響で民間の測位精度は数十メートル級。位置決め精度を高めるため、一般的に採用差分位置決め技術(例えばDGPS、DGNSS)を構築し、地上基準駅(差分台)を衛星観測し、既知の基準駅精確座標、観測値を比較することによって修正した数は、対外発表。受信機から同改正数後、自分自身との観測値を比較して、大部分の誤差を消し、1つの比較的に正確な位置。実験では、利用差分位置決め技術、位置決め精度を高めることができますメートル級。

北斗衛星ナビゲーションシステム位置決め精度

中国北斗衛星ナビゲーションシステムは、アメリカGPS、ロシア格洛纳斯、ヨーロッパガリレオ以来世界第4大衛星ナビゲーションシステム。位置決め効果分析はナビゲーションシステムの性能評価の重要な内容。これまでは、地域の制限、北斗世界大範囲の測位効果分析を通してしかシミュレーション手段。
は武漢大学測量学院と中国の南極観測研究センター杜玉军、王泽民などの研究者の研究を行い、2011~2012年の中国第28回の南極科学考察期間、沿道の大きい範囲の採集した北斗とGPS連続実測データ、スパン北から南は中国の天津、南極内陸昆崙駅。同時にまた収集した中国の南極観測データの静態の中山駅。を比較分析の異なる地域の静止位置効果、武漢で行われた静的観測。
研究者は利用の厳格な分析研究方法から、多ルートや比可視衛星の数、精度因子、位置決め精度など多くの面で、比較分析した北斗とGPS航路の上で異なる地域、特に遠洋や南極地域によって運動状態の測位効果。
その結果、北斗システム全体的にかなり品質とGPS信号。45度以内の中低緯地区、北斗動態位置決め精度とGPS相当レベルと高度方向それぞれがじゅうメートルとにじゅうメートルぐらい;北斗静態位置決め精度はメートル級水平方向にも、GPSとかなり、標高方向じゅうメートルぐらいで、比較的にGPSやや悪く;で高い緯度に区、北斗衛星の数も少なく、衛星分布に弱く、位置決め精度位置決めやない貧しい。
「現段階では実現の北斗区域と位置づけ、まだ備えない全地球測位能力、北斗とGPS位置付けの効果的な違いは主に、衛星の数や分布による。」中国の南極観測武漢大学研究センター副主任王泽民教授は「締め切り文研究データ収集終瞭時に、北斗システム在轨衛星の数はじゅういち粒。先月、我が国の打ち上げに成功した新世代北斗衛星ナビゲーション、北斗システム在轨衛星の数はじゅうななじゅうしち粒。「北斗システムグローバルネットワークで幕を開け、今後の実測データはきっともっと素晴らしい。」

北斗衛星ナビゲーションシステムシステムの機能

北斗衛星ナビゲーションシステム四大機能

北斗衛星ナビゲーションシステム北斗衛星ナビゲーションシステム
ショートメッセージ通信:北斗システム端末は双方向メッセージ通信機能、ユーザーに一度転送40~60文字のショートメッセージの情報。
達成できる一度転送は120の漢字の情報。遠洋航海中で重要な応用価値がある。
精密時報:北斗システムは精密時報機能、ユーザーに提供する20ns-100ns時間同時に精度。
位置決め精度:レベル精度ひゃくメートル(いちσ)、設立標校をにじゅうメートル(駅から類似差分状態)。動作週波数:2491.75MHz。
システムの最大収容ユーザー数:540000戸/時間。

北斗衛星ナビゲーションシステム軍用機能

北斗衛星ナビゲーションシステム北斗衛星ナビゲーションシステム
「北斗」衛星ナビゲーション測位システムの軍事機能とGPSに類似して、例えば:運動目標の測位ナビゲーションを反応されている時間短縮の武器発射位置の高速位置決め;者の捜索や水上排雷需要などの位置づけ。
この機能は軍事上で、意味が自発的に各部隊の位置づけ、つまり大陸の各部隊配備たら「北斗衛星ナビゲーション測位システム」は、自身の測位ナビゲーションできるほか、高層の指揮部を通じてもいつでも「北斗」システム部队を位置関係に伝える命令任務の執行がかなり有益。言い換えれば、大陸で利用できる「北斗」衛星ナビゲーション測位システム実行部隊を指揮管制及び戦場と管理。

北斗衛星ナビゲーションシステム民間機能

個人の位置サービス
あなたになじみのないところで、君に入った北斗衛星ナビゲーション受信を使用することができますチップ携帯電話や車載の衛星誘導装置があなたを探し当ててルート。
北斗衛星ナビゲーションシステムの見取り図
気象応用
北斗衛星ナビゲーション応用気象の発展を促進することができ、中国の天気と分析する天気予報、気候の変化の監視と予測、空間の天気警報の業務のレベルを高めることができて、中国気象防災減災能力向上。
そのほか、北斗衛星ナビゲーション応用システムの気象に推進北斗航行衛星応用産業革新と展開も重要な影響を与え。
道路交通管理
衛星ナビゲーション利益が速度を緩める交通渋滯、道路交通管理レベルを高める。を車両にインストールする衛星ナビゲーション受信機とデータ送信機、車両の位置情報が何秒間の内で自動転送し中心駅。これらの位置情報を使える道路交通管理。
鉄道交通
衛星ナビゲーションを促進する伝統的な輸送方法のアップグレードと転換。例えば、鉄道輸送分野を通じて、インストール衛星ナビゲーション端末設備、大きく短縮される列車の走行間隔を輸送コスト効率を高め、有効輸送。未来、北斗衛星ナビゲーションシステムを提供する
北斗衛星ナビゲーションシステム北斗衛星ナビゲーションシステム
高い信頼、高精度の位置づけ、速度、時報サービスを促進し、鉄道交通の近代化を実現するには、伝統的な交通管理の転換。
海運と水運
海運と水運は全世界の最も広範な輸送方法の一つで、一番早くても衛星ナビゲーション応用分野の一つ。世界の各大洋や河川湖沼走行の各類の船舶のほとんどがインストールした衛星ナビゲーション端末設備、海上と水路輸送より高い効率と安全。北斗衛星ナビゲーションシステムはどんな天気条件の下で、水に航行船ナビゲーション測位や安全保障を提供する。また、北斗衛星ナビゲーションシステム特有のショートメッセージ通信機能をサポートする各種の新型サービスの開発。
北斗衛星測位システムの見取り図
航空輸送
飛行機が滑走路を空港で着陸時、最も基本的な要求は航空機の安全距離相互間の確保。衛星ナビゲーションの正確な位置決め速度の利点と、リアルタイム確定飛行機の瞬時に位置し、飛行機の間の安全距離を効果的に小さくて、甚だしきに至っては霧の天気の情況の下で実現することができ、自動盲降て飛行安全と空港運営の効率を高める。により、北斗衛星ナビゲーションシステムと他のシステムの有効な結合、航空輸送を提供する以上の安全保障。
北斗衛星ナビゲーションシステム北斗衛星ナビゲーションシステム
緊急救助
衛星ナビゲーションが広範に砂漠、山や海などの一町に三所地区の捜索救助。地震、洪水などの重大な災害時、救出成功のカギはタイムリーに被害がすばやく救援場所に到着。北斗衛星ナビゲーションシステム、ナビゲーション測位のほかに、ショートメッセージ通信機能を備え、衛星ナビゲーション端末設備を直ちに報告位置と被災状況に、効果的に救援を短縮時間、向上の災害救援時効が大幅に減少し、人民の生命と財産の損失。
指導放牧
2014年じゅう月、北斗システムから靑海省の牧場の試行北斗衛星放牧情報化建設指導システムは、主に頼るの牧場放牧知能指導システム管理プラットフォーム、遊牧民専用北斗インテリジェント端末や牧場データ収集自動駅を実現するために、データ伝送を北斗地上ステーションや北斗星を乗り換え、中継処理を実現し、牧草牧草、牛や羊の動態モニタリング。2015年夏、パイロット牧場の遊牧民が専用北斗インテリジェント端末機器指導放牧。

北斗衛星ナビゲーションシステム産業の組み合わせ

北斗衛星ナビゲーションシステム北斗チップ

2012年じゅうに月27日、国家正式発表北斗衛星ナビゲーションシステム運行を開始し、中国が自主的にマーク衛星ナビゲーション応用産業の発展の新たな発展の段階に入る。そのうち、衛星ナビゲーション専用ASICハードの結合国産応用プロセッサ案、北斗衛星ナビゲーションチップ一つの重大な突破。このプロセッサーは中国本土ICデザイン会社開発は、完全に自主知的所有権を実現規模に応用して、一挙に破った電子業界を端末普遍海外プロセッサ局面。
衛星ナビゲーション端末に採用のナビゲーションベースバンド及び無線週波数チップは、技術と付加価値の最高の一環で、全体の産業の発展に直接影響を与え。ナビゲーションベースバンドの中で、通常ナビゲーション専用ASICハード回路結合応用プロセッサの方案を実現。これまでの応用プロセッサの多目標国外会社ARM社プロセッサチップ核、海外へ支払う必要IP核使用許可費用とともに、技術は他人に束縛される、徹底的に解決しない産業安全と秘密の安全問題。
設立の重要特別プロジェクトを通じて普及と応用産業化プロジェクトなどの方法で、北斗マルチモード導航ベースバンドやRFチップの国産化を実現する現在、中国人の応用プロセッサも北斗マルチモード導航チップで規模の応用。
BD / GPSマルチモードベースバンドチップソリューションでは、衛星ナビゲーション専用ASICハードウェア結合国産応用プロセッサを作成1粒の本当の意味での「中国の芯」。その応用プロセッサを国内完全自主開発のCPU / DSP核を含む命令セットコンパイラなどのソフトウェアツールとすべての肝心な技術は、100%の中国自主知的所有権を持つ。その持っ国際トップレベルのマルチスレッド処理アーキテクチャ、多くのハードウェアリソース共有し、かなり核プロセッサ処理能力を提供するとともに、コストを節約するチップ。
に基づいて同国産プロセッサ衛星ナビゲーションチップ案のモジュールは、世界の体積の最小のBD / GPSデュアルモードモジュールは、位置決め精度が高く、起動時間早いや消費電力などの特徴。
単なる北斗チップメーカーに比べて、携帯電話端末の位置にチップメーカーは、より深い理解、:基地局補助衛星測位技術、多種の測位案の融合、位置決めチップと応用プロセッサやベースバンドプロセッサの集積など。国内の携帯電話メーカー的支援チップに北斗チップ開発分野の研究開発に位置し、積極的に総合ソリューションを、壮大な完備北斗の産業チェーン。励ましの国内携帯電話チップメーカーの発展と北斗チップメーカーの多様化と共同で携帯電話端末北斗測位技術の応用。

北斗衛星ナビゲーションシステム検査認証

2012年はち月さん日、人民解放軍総参謀部と国家認証認可監督管理委員会が北京で開かれ、戦略提携協議の調印式。中国はさんで年時間を「法規は組み合わせて、標準の統一、合理的配置、軍民結合」の「北斗」のナビゲーション検査認証システムを向上させるために、期「北斗」のナビゲーション測位製品の核心の競争力を確保するため、「北斗」のナビゲーションシステムの安全運行。
北斗ナビゲーションシステム
「北斗」のナビゲーション測位システムはじゅういち衛星在轨運行を所有し、じゅうに万軍民ユーザー。2020年前、「北斗衛星ナビゲーション測位システム」の数はさんじゅう本以上に達し、ナビゲーション測位範囲も区域広げグローバル、その設計の性能とアメリカ第三世代のGPS測位システムはかなり。
「北斗衛星ナビゲーション測位システムの建設発展」、「北斗」のナビゲーション応用を迎える「規模化、社会化、産業化、国際化」の重大な歴史的機会も、新しい要求を提出した。軍地双方の合意によって、中国は2015年に完瞭する前に「北斗」のナビゲーション製品標準、民間サービス資質などの法規体係の整備を形成して、権威、統一の標準システム。また北京で建設いちの国家級の検査測定するセンター、全国地域ごとの建設ななしち地域級の授権の検査測定するセンター「北斗」を推進し、加速ナビゲーション検査認証に国家認証認可システム関連検査標準に国家標準シリーズ。
を「北斗」のナビゲーション検査認証システムには、「北斗」のシステムを堅持して軍民融合的発展の具体的な取り組みも、「北斗」ブランドを作成し、加速させる「北斗」の製品の産業化、標準化が重要な役割を果たすこと。

北斗衛星ナビゲーションシステム市場の応用

北斗衛星ナビゲーションシステム国際応用

2013年ご月22日~23日、国務院総理李克強アクセスパキスタン期間中、中型双方に北斗システム署名巴使用の協力協議。先日、パキスタンメディアの報道によると、中国の北京北斗星通ナビゲーション技術株式会社は数千万ドルを、パキスタン建立地上ステーション網、北斗システムの強化位置決め精度。
次に、全国政治協商会議の副主席は、中国科学技術部部長万钢日によると、2013年には中国のアセアン各国が協力して建設北斗システム地上ステーション網。中国による衛星ナビゲーション測位協会の最新の予測では、2015年までに、中国の衛星ナビゲーションとサービス産業の生産額は位置を超える2250億元、2020年までには4000億元を超え。
2014年ななしち月26日、タイから、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、カンボジア、ラオス、北朝鮮、パキスタンなど8カ国のじゅうく学生の代表を日本武漢中国光沢北斗基地見学し、中国の最新の北斗技術。彼らは、中国科技部国家リモートセンシングセンター主催の「2014北斗技術と応用国際研修クラス」の学生は、各国が衛星ナビゲーション、リモートセンシング、地理情報システム、宇宙探査の関連している専門に従事する仕事の高級管理や関係者。活動はアセアン国家提供やアジア地域は北斗衛星ナビゲーションシステムを中心とした空間情報技術研修を通じて、中国の科学技術に北斗加速アセアンとアジア国家。

北斗衛星ナビゲーションシステム国内モデル

2014年じゅういち月、国家発展改革委員会の許可を2014年北斗衛星ナビゲーション応用モデル地域産業の発展に特別な、成都、綿陽市などが选ばれ、国家の第1陣北斗衛星ナビゲーション応用モデル都市地域産業重大。

北斗衛星ナビゲーションシステム標準制定

北斗受信機国際通用データの標準の制改正は北斗世界応用と産業の発展の基礎性の仕事の一つは、衛星ナビゲーション受信機と密接に関係するRTCM差分シリーズの標準、RINEX受信交換データ形式、NMEA受信ナビゲーション測位データインタフェースなど共通データの標準はほぼ世界のすべての衛星ナビゲーション受信機も守らなければならない通用基準。しかし、世界の多くのグローバル衛星ナビゲーションシステム(GNSS)受信設備技術標準制定組織に参加し、中でも中国企業と機関は糠の中で米粒探す。例えば、成立は1947年の国際海事無線技術委員会(RTCM)現在130人のメンバーは、中国企業をメンバーにだけ。1957年に設立されたアメリカ国家海洋電子協会(NMEA)、分身のメンバーの中ではいち家の中国企業のメンバー。正式サービスを提供するために2年近く経った北斗システムに参加し、国際標準の建設任重くして道遠し。
全国北斗衛星ナビゲーション標準化技術委員会は2014年に設立され、じゅうご項北斗応用の基礎の標準を立てている、重要な標準で今年底部分計画を発表。その時、北斗システムを完成北斗産業チェーンで標準規範肝心な一環のレイアウト、北斗応用に標準化、規範化や共通化を追い越し車線。
国際面については、中国民間航空局、交通部海事局、工信部科技司などの部門の指導の下で、頼って中国の宇宙飛行の標準化研究所北京航空航天大学、交通部水運科学研究院、工信部電信研究院、武漢のナビゲーションと位置サービス工業技術研究院等の科学研究所、相前後して起動した北斗システムに国際民間航空、海事、移動通信、受信機に通用するデータの標準などの国際標準仕事。当事者として協力、北斗国際標準仕事の勝利のニュースが次々と伝わる。国際民間航空組織ICAO同意北斗システム)に入りつつICAO標準フレーム、国際海事機関IMO)の承認が発表した『舟北斗受信設備性能基準」を実現した北斗国際標準の「ゼロ」を突破し、完成した北斗システムとして世界無線航法システム(WWRNS)の重要な部分と技術の仕事が認め、今年末に第三IMO認可されたWWRNS;第三世代移動通信標準化仲間プロジェクト(3GPP)支持北斗測位技術標準によって業務の獲得した。開いた北斗は国際に向かう旅客、国際海事、国際移動通信などのハイエンドの応用分野の氷を砕く旅。
2014年きゅう、く月はち日からきゅう、く日、国際海事無線技術委員会第104専門委員会(RTCM SC-104)全体会議でアメリカフロリダ州タンパ市会議センターで開かれ、Trimbleから、Novatel、Geo++、USCG(アメリカ沿岸警備隊)など世界にじゅう多くのGNSS高精度の有名企業(機関)と重要なユーザー機関代表たちのさんじゅう数名の専門家。武漢のナビゲーションと位置サービス工業技術研究院と上海司南衛星ナビゲーション技術有限会社代表団に参加し、円満に完瞭するには既定の任務。
RTCM SC-104主差分グローバル衛星ナビゲーションシステム(DGNSS)シリーズ推薦基準の改正や、参加制、受信機の自主交換書式(RINEX)、受信ナビゲーション測位データ出力インタフェースプロトコル(NMEA- 0183)など国際的に通用するデータの標準の仕事制改正。同委員会は、グローバル衛星ナビゲーション設備の生産に従事し、技術開発、システムサービスの有名な企業機関構成、設置GLONASS、Galileo、RINEX、NMEA、BDSなど仕事組。武漢のナビゲーション院をBDS作業グループ会長単位、北斗の特定項目の普及と応用産業化の専門家グループの専門家韩绍伟博士任BDS作業グループ会長。
で、武漢ナビゲーション院韩绍伟博士BDS作業グループ代表委員会に報告し、全体会議にBDS BSマシコードの処理方法は、明らかになったBSマシコードに実現過程の中にの違いを理解し、符号ルール差と、受信できない失効分解互換などの問題を出した解決案を獲得委員会全会一緻。この問題の解決を断念すると国際社会に対するBDS高い精度の信頼できる応用の疑惑を北斗の高精度は重要な役割グローバル応用。また、韩绍伟博士の代表BDS作業グループはBDSナビゲーション電文データ組识别符の研究の進展に委員会全体会議を報告し、その組成、発生、判別方法などを検討し、同识别符は信頼できるBDS実現リアルタイム差分応用の重要な要素も入って、北斗RTCM差分標準のキーパラメータ。BDS作業グループでこの問題は関係各国と協力して引き続き深く、最終的に解決案を求めて。
最後に、BDS作業グループ2015年ご提案月11 - 12日に中国で開催RTCM西安SC104全体会議に参加し、専門家のご招待2015年月13-15日中国西安で開かれた第6回中国衛星測位学術年会(CSNC2015)を、同委員会のメンバーを通じて提案を獲得する。これは中国で初めて受賞しRTCM SC104全体会議の開催権を示し、中国企業を主体とし、推進北斗RTCM RINEX NMEAなど、国際的に通用するデータの標準仕事を国際的に認められ、と国際社会に対する北斗の高精度世界応用の期待と自信を持って、きっと役立つ加速北斗入りシリーズ国際通用データの標準仕事。

北斗衛星ナビゲーションシステム国際認可

中国北斗衛星は獲国連正式認可可匹敵GPS
2014年じゅういち月じゅうななじゅうしち日から21日の会議で、国連国際海運の標準を制定することを担当した国際海事機関海上安全委員会は、正式には中国の北斗システムを世界無線航法システム。この意味アメリカに続いてのGPSやロシアの「格洛纳斯後、中国のナビゲーションシステムはすでに第三の国連が認めた海上衛星ナビゲーションシステム。中国の宇宙を専門に研究プロジェクトと情報戦争のカリフォルニア大学の専門家のケビン・ポールピーターは、北斗システムそのカバー範囲内で正確な位置決め情報提供。

北斗衛星ナビゲーションシステム社会的評価

北斗衛星ナビゲーションシステム北斗衛星ナビゲーションシステム
中国の衛星ナビゲーションシステム国際海事機関の認可を取得している。これは、システムにその目標の重要な一歩を踏み出し:全世界に受け入れ、アメリカ並みの全地球測位システム(GPS)。
2014年じゅういち月じゅうななじゅうしち日から21日の会議で、国連国際海運の標準を制定することを担当した国際海事機関海上安全委員会は、正式には中国の北斗システムを世界無線航法システム。この意味アメリカに続いてのGPSやロシアの「格洛纳斯後、中国のナビゲーションシステムはすでに第三の国連が認めた海上衛星ナビゲーションシステム。中国の宇宙を専門に研究プロジェクトと情報戦争のカリフォルニア大学の専門家のケビン・ポールピーターは、「北斗システムが認めてそのカバー範囲内で正確な位置決め情報提供」。

中国科学