ラブジェネレーション

『ラブジェネレーション』(ラブシャッフルジャスコフェスネ発センター形チョンた日本フジテレビジョン1997年じゅう月じゅうさん日からじゅうに月22日の間の愛情ドラマ放送。この劇は永山耕三監督は木村拓哉松たか子ら主演。同ドラマ『東京ラブストーリーと』と『ロングバケーション』というわけにきゅうじゅう年代のドラマの三大愛情経典。
ラブジェネレーション
同ドラマは、片桐哲平は彼の人生の中で一番不運な一日に上杉理子、二人はこれによい中のいさかいになるが、哲平の元彼女水原早苗は、目の前に現れたが、早苗はボタンに限って平兄荘一郎の彼女。でも最後に片桐哲平と上杉理子最終まで一緒に恋の物語。
ドラマの人気ランキング

基本情報

ラブジェネレーションあらすじ

広告会社に勤める片桐哲平木村拓哉飾)仕事で同僚とよく協力しない出向営業部、一日中ぺこぺこに取り込む顧客しかない。営業部の助手は上杉理子松たか子飾)活発で可愛くて、同僚の好感を受け。哲平の生活の中にもセックスパートナーが、心の中にずっとほっとけない高校生の彼女の水原早苗(純名裏紗飾)。早苗までと出会い、哲平はやっと発見して早苗は兄の片桐荘一郎の彼女、哲平は絶望。また、理子の彼氏だった別の女の子を理子。この二つの同病相憐れむの人はいつもお互いに関心を持って。哲平家の蛇口が壊れた、理子と早苗と掃除を手伝っている。水濡れた哲平の好きな本、理子に早苗は彼女自らでこの本を渡し哲平。理子は約哲平に会って、哲平が早苗の気持ちはよくなくてずっとそばにいます早苗。などの哲平駆けつけデートスポット、理子もう行ってしまった。哲平をテレビの情報発信に発見、理子はスクリーン上で彼にメッセージ
スチールスチール
「哲平、好きで、好きで、好きで、好きで……あなたは」。哲平大感動、理子が再び来る時、スクリーンの上で書いています:“私もあなたが好き哲平」。二人は幸せに抱き合っている。哲平公開したくない二人の恋のニュース、理子と彼は二人の将来に自信がない。会社に出て春のピクニックは、哲平担当の組織及び手配。みんなは楽しく遊んで。理子は、哲平は言って、故郷の山で、夕日の多くの流星。彼らは約束して必ず行く理子の故郷を見て。から発見荘一郎が他の女に、早苗はずっと楽しくない。ゆっくりと、早苗自分がまだ好き哲平。早く苗找哲平訴えた時、理子見早苗哲平懐に寄り添って。理子こういう感じの恋愛はあまりにも疲れているが、辞任は郷裏に帰って。家の中で、親姉妹に理子大きな慰め。姉がまた理子工面してお見合い。哲平は遅い理子家まで迎えに行って彼女は東京に帰る。この時に迎えに行くと哲平理子、と彼女の一生を配慮して、自分はまだそのような覚悟。と聞いて理子がお見合いのこと時、哲平は思わずにちょっと局。故郷の小山に、哲平理子にプロポーズし、約束を一週間後にまた聞いて返事。
好事多磨がち、理子家に向かう途中、哲平の車は壊れた。彼は結局できなかった約束の時間に遅れ。哲平の広告デザイン案をお客様に採用され、全体の営業部で狂喜する。興奮のあまり、哲平を思い出すと理子の少し。彼は一番上に戻って初めて出あった理子のところ、サプライズで発見理子もそこに。
木村拓哉の松たか子木村拓哉の松たか子

ラブジェネレーションダイバーシチストーリー

ダイバーシチストーリー参考資料源

ラブジェネレーション職员を演じて表

ラブジェネレーションキャスト

ラブジェネレーション職员の表

プロデューサー
監督 永山耕3、2宫浩行、木村は昭
副監督(助手) 佐々木詳しいが、小林和宏
脚本 淺野妙子さん、尾崎はも
音響効果を加える CAGNET
美術設計 梅田正則

職员を演じて表を参考資料源

ラブジェネレーションキャラ紹介

以上の内容は参考資料源

ラブジェネレーション受賞の記録

◆「第じゅうご回日劇学院賞(=ドタマアイカデビットミスポーツ賞1997-12-19」:木村拓哉主演男優賞
◆「第じゅうご回日劇学院賞(=ドタマアイカデビットミスポーツ賞1997-12-19」監督賞:木村さんは昭、二宫浩行
◆「第いち回ドラマGP(大賞)=日刊ニッポン1面ドタマGP(1997」作品賞:木村拓哉主演:
◆「第いち回ドラマGP(大賞)=日刊ニッポン1面ドタマGP(1997」:木村拓哉主演男優賞

以上の内容は参考資料源

ラブジェネレーション舞台裏の制作

ドラマに出て1粒のように意の水晶のリンゴ、それを代表している男女の間
恋愛世紀中の水晶のりんご恋愛世紀中の水晶のりんご
愛情、まるではアダムとイブには縁の禁断の果実のようです;一方、劇中の哲平はかつて1枚の広告のポスターを設計して、上は2つの小さな天使手の水晶のリンゴの図案は、タイトルを書いている「IアップルYOU」代表は「I LOVE YOU」の意味。年末年始の97 98『ラブジェネレーション』が日本で放映されてるから、当時の日本の視聴率を記録し、水晶のリンゴを象徴幸せな愛情は暑かった東南アジア。

ラブジェネレーション放送情報

集数
放送日時
傍題
視聴率
いち
1997年じゅう月じゅうさん日
新しい自分に出会い運命の恋?
31.3%
1997年じゅう月にじゅう日
恋に落ちた瞬間
30.1%
さん
1997年じゅう月27日
涙と雨に濡れたプレゼント
29 . 0%
よんしよ
1997年じゅういち月さん日
愛のない夜
30.8%
1997年じゅういち月じゅう日
キス、キス、キス
28.6%
ろく
1997年じゅういち月じゅうななじゅうしち日
愛の混浴露天風呂
30.8%
ななしち
1997年じゅういち月24日
幸せが来る後のこと
30 . 3%
はち
1997年じゅうに月いち日
突然劈く愛のかけらを
グループ
きゅう、く
1997年じゅうに月はち日
それぞれ
32 . 5%
じゅう
1997年じゅうに月じゅうご日
東京の最後の約束
32 . 3%
大結局
1997年じゅうに月22日
愛に生きる

集数
放送日時
傍題
視聴率
いち
1997年じゅう月じゅうさん日
新しい自分に出会い運命の恋?
31.3%

1997年じゅう月にじゅう日
恋に落ちた瞬間
30.1%
さん
1997年じゅう月27日
涙と雨に濡れたプレゼント
29 . 0%
よんしよ
1997年じゅういち月さん日
愛のない夜
30.8%

1997年じゅういち月じゅう日
キス、キス、キス
28.6%
ろく
1997年じゅういち月じゅうななじゅうしち日
愛の混浴露天風呂
30.8%
ななしち
1997年じゅういち月24日
幸せが来る後のこと
30 . 3%
はち
1997年じゅうに月いち日
突然劈く愛のかけらを
グループ
きゅう、く
1997年じゅうに月はち日
それぞれ
32 . 5%
じゅう
1997年じゅうに月じゅうご日
東京の最後の約束
32 . 3%
大結局
1997年じゅうに月22日
愛に生きる

※平均視聴率%(関東地区視聴率によって資料、ビデオリサーチ)

ラブジェネレーションドラマの評価

普通の人物の普通の恋物語、同ドラマファンの心にされた2つの雪と墨の波、愛の甚だしき愛、憎しみの何が嫌いだが、否認できないで、それは依然として巨大製造した
スチールスチール
影響力。『ラブジェネレーション」の最大の特徴は男性の主役の哲平を作りになっていて、欠点ぐうたら、一大の小人物。平凡がらくたイメージを破った主人公は大いに者に完璧な概念あるいは、一部観客が好きではないが、ドラマの原因。一方、そんな「欠け」役のほうが真実に迫り、現実の生活を好きで口論して、退屈に熱中して計算感情、ときに黄色の絵、遊んでいる都市で鍛えた様々な道理で理子の言う「君とこのぐうたら大痴漢した一生の人も私だけ」。しかし誰が否定して、それぞれの個体は存在しないという欠点のようですか?それにしても、誰も完全に自分の愛情を持つ権利など、映画の中でずっと現れたあの枚水晶のりんご。
『ラブジェネレーション』の広告撮影は人の生活を反映したのは、普通の日本人の生活感情:ほかの省から東京まで自分の事業開拓の若者が、レンタルの家に住んで、コンビニのおにぎりを食べながら、一生懸命仕事以外の時間もない心の糸をまぎらす寂寂しさを。あなたはこらえきれずに認めて彼らを認めも存在し、その可能性があなたの生活の中で、枝葉。(新浪生活空間評論)