宝を支払う

宝を支払う(中国)ネットワーク技術有限会社は国内有数の第三者支払プラットフォームを提供し、コミット「簡単に安全急速に支払うソリューション。宝を支払って会社は2004年に創立し、常に「信頼」として製品やサービスのコア。傘下に「支付宝」と「宝を支払って財布"の2つの独立ブランド。自2014年第2四半期現在の始まりになるグローバル最大のモバイルペイメントメーカー。
宝を支払う
宝を支払う主に支払及び財テクサービス。通販を含む担保取引ネットの支払い振替クレジットカードの返済携帯電話のチャージ、光熱水納付個人資産管理など多くの分野において。入るモバイルペイメント分野をした小売デパート映画館の線、チェーン商超とタクシーなど多くの産業にサービスを提供する。また、発表殘高の宝などの金融サービス。
宝を支払って、国内外の多くの銀行や180VISA、MasterCard国際組織などの機関が設立戦略的提携関係になる金融機関電子決済分野で最も信頼のパートナー。
2016年ご月31日、宝を支払うと深セン人社局共同線の医療保険モバイル決済プラットフォーム、深センでろく病院に試運転。
はち月、宝を支払うマイクロ手紙同獲香港の第1陣支払いライセンス意欲争奪市場。
きゅう、く月発表宝を支払うは2016年じゅう月じゅうに日からは、個人ユーザーを無料で現徴収額は0 . 1%のサービス料、個人ユーザー1人当たり累計を無料で現額に万元の基礎。
じゅういち月いち日宝を支払って入居リンゴAppStore。中国大陸のユーザーは、AppStoreの支払い方式とチャージの2つの場所を見て宝を支払って入って、購入のために応用して、アカウントにチャージする、またはAppleミュージックなどの購読サービス有料など。
じゅうに月ろく日、宝を支払う発表は、すでにヨーロッパよんしよ金融サービス機関協力協定を締結に取り組む海外旅行の中国の消費者に提供するサービス。この動きに達する見込み宝を支払って海外での協力を拡大しきゅう、く倍近い小売店数。

宝を支払う発展の過程

2003年じゅう月じゅうはち日、購読サービス有料などなど。
2016年じゅういち月27日午後、続いては「ハイエンド単身交友圏」の後、宝を支払ってまた小範囲にローンチされた「OLが日記」や「キャンパスの日記」。宝を支払って、新浪の科学技術として、現在この機能はまだ白黒階調テストの段階。
2016年じゅういち月29日、近くに対して宝を支払って「キャンパス日記」などの輪による紛争、宝を支払って親会社アリ金服の会長彭蕾本日発表した内部手紙を謝罪しない:自分が間違いのイントラネットのこと、永遠に他人を責めないでください!
2016年じゅうに月23日、宝を支払って発売して宝を支払って10 . 0版に宝を支払い、AR実景おひねりの遊び。
2017年いち月ご日、宝を支払って発売2016年個人年勘定書、ネットユーザーら揚げ鍋。多くの人が見た去年の「切っ手」と感嘆し、「私も知らない私がこんなに金持ち!」道理で自分がそんなに貧しい!」先に急ぐ自分だし、オンライン請求イコール「通販”の概念で、あなたもない本物の通販花そんなに多いお金。消費支出と状況は、個人のツケが記録された低炭素環境保護、愛を全面的に展示した公益など、現代人の生活の観念と顔。

宝を支払う会社の規模

現在までに、宝を支払って実名ユーザーさん億を超え、宝を支払って財布アクティブユーザーは2 . 7億を超えて、携帯電話の支払い日量以上4500万筆を超えて、2013年11 . 11の携帯電話の支払いを1日4518万件の世界的なピーク記録。
2014年双十一日、宝を支払って携帯電話の支払い数億筆た取引のペン。宝を支払って穏健な方法、先進的な技術、鋭い市場見通し能力や大きな社会責任感を獲得した銀行などのパートナー的に広く認められ。現在、宝を支払ってすでに国内外と180銀行やVISA、MasterCardの国際組織などの機関の戦略的提携関係を創立して深く、金融機関は、電子決済分野で最も信頼できるパートナー。

宝を支払う会社の文化

宝を支払う社会的責任観

我々は:企業の社会的責任は内は企業のビジネスモデルは、それはそれで持続可能な発展を実現することができる。
われわれは:社会的責任企業への負担ではない、1社の企業を見つけることはできよう自分と企業の社会的責任とのつながり点。
我々は:人の社会的責任、ネットワーク化の便利な環境の下で、すべて履行の社会的責任能力。宝を支払って金融ツールだけではなく、ビジネスのプラットフォームにより、社会的責任のプラットフォーム。

宝を支払う全員持ち株

宝を支払って、アリババグループが推賞する社員持ち株制度の手配の大規模な。開業準備小マイクロ金融サービスグループの過程の中で、40%の株式としては、全体の従業员の分かち合いと激励して、殘りの60%の株式の導入として他の戦略投資家。アリババグループと小さなマイクロ金融サービスグループの在職する従業員を獲得する相応の株式は、「全员が保有する」。

宝を支払う公益事業

「世界の変化は少数の人が多かったのではなく、すべての人はすべて少ししました。インターネットのそれぞれの人が「ほんの少し」のチャンスがもっと便利。」——宝を支払って公益理念
宝を支払って、公益機関に提供する無料の即時決済サービス、汶川地震開通インターネット募金通路を例にを含め、希望工程、中国貧困脱却支援基金、中国児童少年基金会、壱基金などの300社以上の企業、公共機関がアクセスして宝を支払って、支えてくれた中国公益きゅう、く割以上網募金サイト。
2010年の宝を支払ってE公益プラットフォームのオンライン、公共機関が自主発表公益のプロジェクトを通じて国民力推進公益さらに透明化発展。2013年までにご月、このプラットフォームは、寄付いち億回を超え、累計金額でも1.218383880.13億元に達し、インターネット募金正式億時代に突入公益。
2013年、宝を支払って財布発売窓口機能や、「愛の寄付」公益応用、モバイルインターネット技術を利用し、公益寄付の透明度と效度の一層の提供、モバイル公益時代を開いて正式に。

宝を支払う会社の名誉

信頼できる第三者支払プラットフォーム
発表時間:2012年さん月
授与単位:成都夕刊
四川の庶民が信頼の第三者支払ブランド
発表時間:2012年さん月
四川日報新聞グループ全メディアセンター
浙江省の企業のソフトウェアの正規化作業モデルユニット
発表時間:2010年ろく月
授与単位:浙江省正規ソフトを使って仕事の指導者グループの事務室

宝を支払うソフトウェア紹介

宝を支払って、すべての人を中心に、超4 . 5億実名ユーザーの生活サービスプラットフォーム。宝を支払ってすでに発展に融合した支払い、生活サービス、政務サービス、社交、金融、保険、公益など多くのシーンと業界の開放性プラットフォーム。
除いて便利な支払い、振替を提供し、代金回収などの基本機能のほか、クレジットカードの返済にも急速に完成し、電話充電、納付光熱水費。知能ロボットを通じて音声一歩触は百種類に生活を楽しむことができるサービスだけでなく、消費割引、親友と建群も楽インタラクティブ、財務管理、累積クレジット。

宝を支払う主な機能

いち、支持殘高宝、金融収益随時チェック、
支持、様々なシーンに関係し、群群付より便利、
さん、地元生活サービスを提供し、会計の割引を満喫して優遇、
よんしよ、子供を親親心口座、
ご、いつでもどこでも調査淘宝費、口座の殘高は、物流情報、
ろく、無料跨行振込異郷、クレジットカードの返済、チャージ、納付光熱水費、
ななしち、クレジットカード、支払い、納付、電話充電、カード券情報スマートに注意、
はち、通行して寄付し、iPhone健康データアクセス、親友と一緒に歩くと健康インタラクティブ、参与公益。

宝を支払うバージョン反復

iPhone 9.9.3更新内容:
いち、エイプリルフールの「さ」がいよいよ開始!先発上海、他の都市が開通に、どうぞご期待ください、
に、評判チャンネル欄新しいオンライン、お薦めは最新で最もホットな品質が良い店に遊んで遊び回る生活、
さん、評判新しい店舗ページ改版業者アルバム、おすすめ料理が一目瞭然、より便利に使う、
よんしよ、学園生活は改版し話題モジュールや、部活、アルバイトや学生恵などサービス、
ご支持、都市サービス検索、積立金の照会、違反なども調査する。

宝を支払う製品サービス

宝を支払う使用

支付宝中決済サービス需要先の登録の宝を支払い口座に分けて、「個人口座」と「企業アカウント」の2種類。
宝宝を支払って財布公式サイトや登録可能。

宝を支払う認証

ユーザーが実名認証決済サービスなどは中央銀行レギュレータの要求、実名認証後は宝を洗って店をオープンして、追加の支払いサービスして、更に重要なのは役立つ口座の安全性向上。
実名認証を同時に確認会員の身分情報や銀行口座情報。
2016年ななしち月いち日スタート、実名認証不備のユーザーは、その殘高と振替支払いなど機能制限。
個人の支払い口座は三類、各類の口座の機能、額と情報認証基準が違う。そのうち、Ⅰ類口座を必要なだけお客様の身分情報を外部ルート認証、例えば、オンライン照合・審査住民身分証の情報、対応の支払い口座開設からは限度額は累計せん元の限度額。当該口座殘高に用いることができる消費と振替、主に適用して、お客様のマイクロ仮払い。Ⅱ類やⅢ類口座の顧客の実名認証強度は相対的に高い、少なくとも3つ別に分けて、5人の外部検証顧客の身分情報チャネル。そのうち、Ⅱ類口座の殘高の支払限度額は年間で累計じゅう万元。Ⅲ類口座の殘高の支払限度額は年間で累計にじゅう万元。

宝を支払う財布

宝を支払ってもスマートフォンに使用して、携帯電話クライアント宝を支払って財布を。宝を支払って財布を備えたパソコン版支付宝の機能も、携帯電話の特性を含んで、多くの革新的なサービス。例えば、「当面付」、「二次元コード支払い」など。
「サービス」を足を付けるて宝を支払って財布で自分なりの個性的な携帯電話の応用。
宝を支払って財布を主にiOS、Androidに使用して、iPad版とWP版は開発中の。

宝を支払う安全

支払いはユーザーの資金の安全のため、公式の安全規範に従い重要。
例えば安全コントロール、メールチェックサービス、デジタル証明書、第三者の証明書、支払盾、宝宝令令、携帯版、安全保護問題、安全策が、携帯電話のセキュリティ設定など。
ほとんどの決済サービスにも使用できる宝を支払う。買い物から電気ガス納付、しかもが一部の現金の代わりに傾向。

宝を支払う返済

2009年発売日いち月じゅうご宝を支払ってクレジットカードの返済サービス、国内39銀行発行のクレジットカードは支持。一番人気の第三者の返済プラットフォーム。
主な利点:無料を探してクレジットカード費、無料の返済、そして自動返済/返済喚起などの付加価値サービス。推薦支付宝中財布。
2014年の第1四半期、76%のはクレジットカードは宝を支払って財布を完成した。(来源:支払誌)

宝を支払う振替

宝を支払って振替を二つに分けて:いち、転送から宝を支払ってアカウントに到着し、資金の瞬間を相手に宝を支払い口座振替口座まで、宝を支払い、振替銀行カードの限度額に、ユーザーの振替自分や他人の銀行カードをして、支持百銀行、最速に時間の入金。支持の入金の銀行との入金時間、振替銀行カードの限度額。
推薦支付宝中財布、免手数料。

宝を支払う納付

2008年末から、宝を支払って推進公共事業に覆われた納付サービスは、全国に300以上の都市、支持1200以上の協力機構。は光熱水などの基礎生活費用を納めるのほか、そのも広がる罰金、管理費、交通費などのケーブルテレビより多くの民衆の生活と密接に関連して納付領域。
常用のオンラインサービスの費用を納める:
光熱水納付、教育納付、交通罰金、ケーブルテレビ費

宝を支払うサービスの窓

宝の財布の中に「サービス」足を付ける関連サービスアカウント、一级を財布に獲得できるサービス。を含む銀行サービス、納付サービス、保険、資産管理、携帯電話の通信サービス、交通旅行、小売デパート、医療健康飲食、娯楽、グルメなどじゅう以上の種類。
違いは他の公共サービスプラットフォームサービス窓、天然の支払い遺伝子、超億支払いユーザー層や企業の厳しい審査サービスなサービス窓発生より大きな生態価値。
窓の推薦サービス:
書留網——オンライン予約受付サービス、
中信の銀行の――リアルタイム検索、ポイント消費注意、ツケ両替、殘高照会、返済するなど、
国網山東省電力会社――殘高照会、毎日量調査、納付記録照会、や電気の警告、出費、借金をする、止まってもpushユーザー答電、
中国電信――殘高宝0元购机享のサービスを楽しむことができ、広東省では同サービス、
宝を支払って公共サービス12306——オンライン調査の列車の切符の情報、
貴陽の映画——オンライン購入、选座、
新しい希望双峰乳業――1家は宝を支払って財布を実現するオンラインミルクを注文して企業の、
市民雲@上海生活――上海市民が宝を支払って調べ積立金、年金、医療保険、交通違反、
交通違反を代行して簡単に異郷の交通違反金。

宝を支払う線の下でサービス

ユーザに乗せて宝を支払って財布、彼はデパートの路地を電子決済のメリット。
は2013年じゅういち月から、全国29の銀泰デパート、銀泰城店舗が使用できる宝を支払って財布を払い。
2013年じゅうに月から、美宜佳、赤旗チェーン、喜士多C -ストア、セブンイレブンなど複数のコンビニチェーン企業が続々と全面的に支援して宝を支払って支払います;じゅうに月、北京タクシードライバーから宝を支払ってタクシー代を払う。その後、万達の映画館、大悦城、王府井など全国の大型小売企業や映画館、KTVや飲食企業などへのアクセスの宝を支払う。
関連のニュース:
タクシーで、コンビニ、銀泰デパート、万達シアター
支付宝中時、資金を事前にチャージする宝を支払い口座までもでき、支払いに使用の銀行カードを含む(クレジットカード、デビットカード)とチャージカード。
2015年ななしち月はち日発表の最新の宝を支払う9 . 0バージョンに参加し、「商品」と「友人」の2つの新しい1級の入り口に、それぞれの代わりに「サービス窓」と「探求」ことから、カットインした線の下で生活サービスと社交領域。また、増えた親心口座、借用証書、群口座など一連の機能。
2016年はち月じゅうろく日、杭州市の公共交通集団で記者会見によると、グループ会社と協力して宝を支払ってバスで宝を支払ってレジに応用して、主に解決するためにいくつかの乗客はバスを乗る時、バスもないカードも持っていないおつりの悩み、乗客は杭州506道にじゅうバスは率先して体験。

宝を支払う殘高

宝を支払い口座の資金と呼ばれる殘高。
チャージまで殘高、支払時に使う殘高と殘高振替えるは現在最も一般的なサービス。
銀行カードの資金を迅速に入るとネットの銀支払う宝を支払い口座。にじゅう多くの銀行と銀行のネットの銀は170のショートカットができるまで支払うチャージする宝を支払い殘高。
使用殘高を支払う時の基本は限度額の制限、ユーザーが先に何度ももう支払いチャージ。
宝を支払い殘高は随時現金引き出しを持って、ユーザーは自分で現在殘高までジャックの銀行カード。

宝を支払う手数料

が総合経営コストの上昇は、2016年じゅう月じゅうに日から、宝を支払って、個人ユーザーを無料で現徴収額は0 . 1%のサービス料、個人ユーザー1人当たり累計を無料で現額に万元の基礎。無料で使い切って基礎額後、ユーザーの使用アリポイント交換無料現金引き出し額より。

宝を支払うネットの銀

ネットの銀は、銀行のすべてのユーザー向けとシーンのネットバンクの総合サービスを提供し、支払いと振替サービスなどを含む。宝の環境の下で、主に、ユーザーは、ネットの銀のチャージから宝を支払い殘高及び支払時に遷移するネットの銀の控除。
ネットの銀を支払う使用時、ブラウザが銀行のネットの銀のページに遷移し、銀行の要求の情報を書いて支給され。
欠点いちからほとんど銀行はネットの銀を開通してサービス(わずかにじゅう社以上)、開通携帯版ネットの銀の銀行の数が少ないため、使用時には便利なネットの銀のモバイルペイメント。
欠点に、ネットの銀は公共のインターフェイス、使用時にジャンプがページから、大量のネットの銀の釣り事件に伴って、同時に成功率はわずか65%程度に支払い、多種の支払い方式に成功率最低の一種。

宝を支払うショートカットを支払う

ショートカットの支払いを支払うテーラーメイドのネットの銀はネットサービス、主ツイ機能を支払う宝を支払って、銀行と直結を保障し、支払いの安全性や便利性。支払いを成功率は95%ぐらい。
ユーザーを通じて銀行の連絡方法を殘し、銀行のカード番号、携帯電話の検査コードなどの情報をすぐに開通ショートカット決済サービス。支払いに宝を支払って支払いパスワード入力。その便利性が強く、宝を支払うと保険会社の承諾ユーザーの資金の安全。
180銀行と宝を支払って協力にショートカット決済サービス。
短所:部分の銀行は多種の目的を考えて、制限した1日単回の支払い額で、大口支払使用ショートカットが払えなく非常に便利。

宝を支払う殘高の宝

宝宝を支払い殘高は発売した資産管理サービスも、日常の買い物、まだクレジットカードなどを支払う。
支払いに使用時の殘高は、宝の利点は、支払額が大きい成功率は非常に高い。
支払いに使用時の殘高を獲得できる資産管理の宝。
宝宝を支払って支払い殘高を占める割合は1歩1歩が上がる。

宝を支払うもっぱらカードの支払い

宝を支払って支持を除いて(アメリカ世界ワシントン州)ヘアピンが発行するビザ/ MasterCard / JCBカードでのお支払いに登録するだけでのネットショッピングを楽しんで、楽しみ。

宝を支払うチャージ

宝を支払いカードは宝を支払って発行のオリジナルプリペイドカード、カニエ資金をすべて宝を支払って支持の業者が購入時に使用し、しばらく支持山猫のショッピングセンターや淘宝プラットフォーム。宝を支払ってカカ額面:ひゃく、200、このカードが有効期限内に使い、有効期間は36ヶ月。期限経過で有料延期に延期を引き続き使用後。宝を支払いカード無記名、紛失、返品を利用する場合は、宝を支払いカード払いの部分の資金を返すカード口座し、現金引き出し。
ユーザーを「携帯電話料金のチャージカード(聯通一カード充、神州の銀行カード)」して宝を支払って支払い。この支払い方式を使わずに銀行カードが、必要にチャージするサービスを提供する方(非支付宝)手数料を納付し、標準取引金額の5 %。

宝を支払う支払い

宝を支払うユーザーも身の回りのコンビニ、郵便局、ドラッグストアの宝を支払って協力拠点完成支払い。必要ないネットバンクを開通して、線の下で支払い問題解決、カード現金可能。
「拉卡拉」などを含む個人端末、空中チャージ店の店主は宝を支払って注文の支払い。協力の拠点に覆われた北京、上海、広州、深セン、杭州、成都などの25の都市、計じゅう万の店舗。

宝を支払う人を探して立て替える

宝を支払って支持「誰かに立て替える」機能を1位立て替えるの宝を支払うユーザーならば、お知らせ立て替える人代を支払い。
2 . 4支払い能力出力
違いは単純を業者提供第三者支払サービス、宝を支払っても取引先の出力を支払う能力。2014年01月07日、新浪微博と宝を支払って全面的に通じると宝を支払ってアカウントとして、微博の支払いは、これからもTwitter上のオンライン取引プラットフォームは線の下で商家の日常の消費はTwitterクライアントが直接支払い。
2 . 5国際業務
は国内のユーザーに提供サービス以外に、宝を支払ってもグローバル企業提供専門のオンライン決済ソリューションとして、業務の範囲は実物海浚う、国際航旅、還付、留学して料金を払うなど様々な活用シーン。

宝を支払う海を浚う

ユーザーがいなくても外貨クレジットカードも、気楽に実現する宝を支払って人民元の「海浚う」ショッピング決済。
2014年までさん月、iherb、windle、Forever21、aoso、、wiggle、MYbay、ヤフージャパン、莎、韓国楽天、DHCなど32カ国・地域の千社のサイトが応援して宝を支払ってショッピング決済、支持ポンド、ドル、スイスフラン、ユーロ、ウォンなど海外じゅうご種通貨決済。
宝を支払って支持の海を浚うサイト:

宝を支払うお年玉

2014年の春節、マイクロ手紙で「マイクロ手紙おひねり」爆撃したマイクロ手紙群話し友達と圏、少なくするユーザー銀行カード、テンセント迷い込んだから借势アリババのほうが得意分野の支払い。
2015年いち月26日、宝を支払って財布の「新春のおひねり」を開始。ユーザーを開いて宝を支払って、すぐ中間盛大位置を見て、同機能では、個人のおひねり、しりとりおひねりし、群おひねり、面と向かってお年玉、または検討おひねり。
2015年2月2日に夜、宝を支払って財布当日に「支持を分かち合うおひねり微手紙」の機能として、「マイクロ手紙に切断」。そもそも、この機能が宝を支払うユーザーで財布が自らのマイクロ手紙親友にボーナス。
宝を支払って面でその後の確認は、お年玉を分かち合うインタフェース開通はち時間後、すなわちマイクロ手紙封殺され。
テンセントの行動がされたアリババ会長馬雲さんがこれを「真珠灣攻撃」。
宝を支払って方面直言は「安全上の問題」という言い方やめと首は殘念ながら。

宝を支払う国際航旅

海外旅行が必要になった時、宝を支払っても実現するユーザーに航空券とホテルなど海外旅行商品の人民元購入サービス。宝を支払って支持シンガポール、アラブ首長国連邦、香港ドラゴン、大韓、全日さんじゅう家などの国際航空会社のオフィシャルサイトではチケット購入や、UPTP、Agoda、HotelClub、アジア休日など国際旅商人プラットフォームの航空券、ホテルの予約をユーザーに提供するために、全世界の航空券とホテルの購入近道。

宝を支払う還付

2013年じゅう月、宝を支払って初めて海外還付サービスし、消費者の出国ショッピング宝を支払って税金の払い戻しを使用することができ、税金最速ななしち作業日帳簿に着いて宝を支払って、より効率的伝統的なクレジットカードの還付方式ご倍以上スピードアップ。このサービスは真っ先に韓国が開通し、2014年に広まっていく見通しシンガポールEUなどの地域。
現在の宝を支払って海外ショッピング還付空港の国が:ドイツデュッセルドルフ空港税還付、ドイツフランクフルト空港税還付、フランスパリシャルルドゴール空港税還付、韓国還付(金浦空港仁川空港)、オランダアムステルダムスキポール空港還付、スペインマドリード空港税還付、イタリアローマFCO空港税還付、イギリスロンドン希斯罗空港税還付攻略、イタリアミラノマルペンサ国際空港T 1ターミナルやスイスチューリッヒ空港税還付。

宝を支払う海外の輸送

海外メーカーについてまだ直邮中国のサービスを提供し、宝を支払って海外と輸送サービス部協力し、ワンストップサービス海外積。海に使用できるユーザー浚う宝を支払って「海外中継」の応用提供する輸送倉庫アドレスとして、住所の買い物に行く。積み替え倉庫が商品到着後、ユーザーは宝を支払って支払い運賃、待ち受け業者が届き、そしていつでも追跡物流情報。
未来、宝を支払って紹介する輸送保証サービス、ユーザーの輸送は商品は指定された時間内に届き、賠償請求を獲得することができ、さらに海外中継の体験を提供する。

宝を支払う留学して料金を払う

宝を支払って国外と支払機関Uni-pay、PeerTransfer協力、開通して宝を支払って交付留学费サービス。ユーザー登録すればUni-payやPeerTransferば支付宝中交留学費。地球をサポートしてサービスの海外の大学はマサチューセッツ工科、コーネル、リーズ、ダラム大学、リーズ大学マンチェスターなど、300社以上の。
4 . 1革新を支払う
宝を支払って、イノベーションでは業界内で称賛する。は2003年の保証が取引のほか、すばやい支払い、バーコード支払い、音波支払い等の創始の技術提案、その多くはすでに業界標準。

宝を支払う担保取引

2003年、解決のネット取引時の売買双方の相互不信の問題は、当時淘宝網財務部として設立担保信用試み仲介取引となり。
その取引の流れをいち、消費者を撮ってネット商品、売り手に支払う資金、この資金を凍結されて宝を支払って。に、支付宝を支払って結果通知売り手。さん、売り手は出荷貨物受領確認し、消費者の支払い;よんしよ、宝を支払って消費者によって指令は資金打ち込む売家口座内、
担保取引は淘宝網と宝を支払って配合でき。この「中国の特色ある」との取引と支払い方法に問題解決した通販信頼、そしてここから中国ǒб業界プロセスを推進した。国内C2C業界の標準。

宝を支払う淘宝理財

小さなマイクロ金融サービスグループ(お金)構築の総合開放式管理プラットフォームは、小さなマイクログループの資産管理事業部の運営。
宝の資産管理プラットフォーム宝ネットを建て、普通のネットユーザー層の資産管理サービス需要の趣旨。資産管理の金融機関を含む入居後保険、基金、銀行などを含む製品を提供し、基金、保険、資産管理製品や銀行の資産を管理するなど多種多様の資産を管理する品種。
消費者金融のように洗うのは実現taobaoショッピングのような金融選択、スクリーニング金融商品、購入の取引と後続管理プラットフォーム上の完成を受け付ける。
また、宝の資産管理を受け小マイクログループの開放性、導入を独特のような財宝などの金融機関が入って、伝統的な金融商品のほか、インターネットユーザーに提供定制化、特色化の金融商品。

宝を支払う淘宝保険

小さなマイクロ金融サービスグループ(お金)構築の総合開放式保障プラットフォームは、小さなマイクロ金服保険事業部の運営。
淘宝保険プラットフォームに頼って宝ネットを建て、インターネットユーザーに伝えるリスク保障と特色の保障製品を目的にして、全行程のインターネット化の実現を購入、管理及び保険賠償請求処理の流れ。国内の主流の保険会社はすでに入居淘宝保険、プラットフォーム上で現れた保険の製品も含まれ自動車保険、健康保険、生命保険、意外保険、旅行保険などの種類。
淘宝保険は同時にインターネット革新業務の需要と保障保険会社の製品の革新の絆。手を携えリリース運賃保険会社険、険、春運保険などの革新保険の種類。
また、保障層の特性によって、宝の保険を建てました国内初のサービスで小さなマイクロ企業従業員、創業者層を中心に保障プラットフォームを楽しく働く保。によってこのグループの輸送定制化、低コストの商業の保険を改善して彼らが保障の状況。

宝を支払う当座貸越消費

2014年じゅうに月じゅうろく日、アリ金融クレジット決済サービスを導入する予定:ユーザーは宝を支払って支払いなくバンドルクレジットカードや預金カードで、直接当座貸越消費額は最高5000元、38日無利子期。もしが期限を過ぎて、アリ金融会メール通知、そして音声をし、最後には人工催促する口座まで。
貸付資金協力が全部銀行に提供し、アリババの傘下に重慶商誠担保提供全額担保を全部リスク、支払う手数料は企業や顧客負担費用は1%、0 . 8 %~の間で、信用を持つ無利子の支払い38日期、期限経過後実行に基づく準金利が50%の罰金。
ユーザーのクレジットカード納付額を後にしか、宝を洗って、山猫などアリ係のショッピングのウェブサイトの消費は、全網。

宝を支払うロボットコール

2015年きゅう、く月、宝を支払って開始したと発表し、アリ金服傘下の知能技術サービス部の知能ロボット開発顧客サービスにおいて、伝統的なロボット顧客にとって、知能の顧客サービスを理解することができるだけでなくとても口語化の問題で、理解できる特殊な問題に焦点を当て、上記の情報によってユーザーの真の意味を推定問題も分かる問題あるユーザーが整っていないと、また問い返して、より多くの情報をユーザーに提供するユーザーの要求。それはまた自己の学習を通じて、勉強して自分がますます利口。

宝を支払う新生児リネームする調査

2017年2月にななしち日、宝を支払ってオンライン「新生児リネームする調査」の新機能は、ユーザーが使用から赤ちゃんに名前をつけるのは調査が重い重名、名前の人がどれだけ。
ユーザーが入って宝を支払って、順次点撃“都市サービス」「政務」「- -新生児リネームする調査」だけを調べる。しかし一部のネットユーザーによるとしてこの機能を探し当てていないで、これに対して宝を支払って「今、この機能がつながった浙江省、湖北省、ハナム省、山東省、安徽省、江蘇省など全国21都市地区の政務システムには、各都市のアクセス進展違う部分は当面、友達を調べて、業務の靴一生懸命に。」

宝を支払う新規サービス

「全国H & Mがブラシ宝を支払って」
全国H & Mの店舗は続々と支持刷宝を支払う。現在、世界十大速いファッションブランド:ZARA、H & M、ユニクロ(ユニクロ)、MUJI、GAP、M&S、C&A、UR、フォーエバー21、MANGOでも買って宝を支払って買う。
「全国超2000個の自動車の旅客輸送駅が宝を支払って切符を買う」ブラシ
切符を買うのは宝を支払いで、もしあなたは上海から長距離旅客ターミナルに出発すれば、まだ取り紙の票を使わない限り、電子チケットが二次元コード、掃除コード乗車。
「支付宝を探しに電気自動車充電ステーションや起動充電スポット」
全国119都市の電気自動車オーナーが宝を支払って「都市サービス-自動車充電ステーション」では、最近の充電スタンドを確認し、操作の使用状態を起動したり停止充電スポット、支払い。
「南京人刷宝を支払ってバスに乗る」
現在河西路面電車の1番の線の線路になって初支持、その後バス路線や南京よりも続々とフェリーに乗って実現刷携帯。杭州、済南、武漢、南京、紹興などの都市はもう実現刷宝を支払ってバスサービス。
「深セン人を調べて積立金」顔
宝を支払うの顔認識技術を利用し、深圳積立金全国まず顔を登録し、深圳の親を開いて宝を支払って都市サービス中の「深セン積立金」が、顔を一掃、クイックログイン積立金口座査看。
「日本ではタクシーで宝を支払って」
日本最大のタクシー会社「日本交通アクセス宝を支払って、開けて宝を支払って支払いコードに、タクシー内の掃除コード-が勘定を一掃。東京地方の3500台の「日本の交通は「タクシーは支持して、すぐに日本全国の50000台のタクシーを広げる。
「全日本のローソンで宝を支払って」
日本全土を約1 . 3万ローソンはすべて支持宝を支払う。現在、良品計画、高島屋、近鉄百貨・唐吉柯德、ユニクロ、大坂関西国際空港など、現地で日本に万商戸近く使用できる宝を支払ってとか。

宝を支払う支払いの分類

宝を支払うショートカットを支払う

ショートカットの支払いは、銀行を支払うと直結機関の協力を形成し、効率的、安全、専用(消费の支払い方式
ショートカットで支払う発売前に、大部分のネットの支払いを借りて、ネット銀行完成。しかしネット銀行を支払う成功率は低いし、安全性が低いなどの固有の問題。さらには、大手銀行のほか、国内の多くの銀行にはせん大量都市銀行モディ未提供サービス。
ショートカットの支払いを解決した上述の問題、支払いの成功率は95%以上に達する以上でのネットの銀の65%前後にショートカットを支払うユーザー資金は宝を支払うと協力に保険会社の担保、出現係損失賠償を獲得することができます。
2010年じゅうに月、中国銀行と宝を支払って発売して初めてクレジットカードのショートカットを支払う。2014年までご月、約180銀行開通ショートカット決済サービス。
宝に同業務の後、財付通、銀聯など第三者支払機関を発売する「ショートカットを支払う」。

宝を支払う携帯電話の支払い

2008年から宝を支払ってから介入携帯電話の支払い業務、2009年発売初の独立モバイルペイメントクライアント、2013年初めに名を「宝を支払って財布」し、2013年じゅう月になると「支付宝」パラレルの独立ブランド、
ユーザーのダウンロードインストール「宝を支払って財布」、支付宝中アカウント登録使用することができる。
自2013年の始め、ユーザー数は、支払筆数を上回っPayPal世界の最大のプラットフォーム、この利点も絶えず強化;さん月2014年以来、毎日の宝を支払うの携帯電話の支払い筆数は2500万件以上、

宝を支払う二次元コードを支払う

2010年じゅう月発売、宝を支払う国内初の二次元コード支払い技術、助けにǒбからオンライン線の下で伸びる発展空間。
使用方法:ユーザーは「宝を支払って財布」で、「さっと掃く」をクリックし、二次元コードにヒントを完成できる。
バーコードを支払う
2011年ななしち月いち日、宝を支払って広州に発表バーコード支払う(BarcodePay)にコンビニシーンなどを使って。これは国内初のバーコードの支払い計画に基づいて、まだ同類の支払い技術。
使用時に、ユーザーは「宝を支払って財布」内に「支払いコード」をクリックしてレジバーコードスキャン同バーコード銃を使って、完成の支払い、

宝を支払う音波の支払い

2013年よんしよ月じゅうに日、宝を支払うと取引先の靑島タッチしやすい連合は世界初の音波自販機。市場はまだ同類の支払い技術商用。
使用方法:ユーザーサポート音波支払いの自販機のシーンなどを商品、そして「宝を支払って財布」をクリックして「当面で払う」。完成にヒントを支払う。

宝を支払うNFCの支払い

2012年ななしち月31日、宝を支払って発売し、LBSなどの技術を利用してNFCの新クライアント。その後、この技術をさらに改善案。
2014年よんしよ月28日、宝を支払って財布を8 . 1版支持NFC機能に用いることができ、ユーザーにバス共通カードをチャージする北京。
使用方法:公共交通カードなどを置いてNFCのAndroid携帯を持った後に、すぐバスやチャージカードの殘高照会。
注目すべきは、宝を支払ってモバイルペイメント皆遠隔オンライン支払い案、NFCの中での役割を「近場握手、長距離を支払う」。と少し違ったNFCと。

宝を支払うiptv支払い

2012年さん月29日、华数マスコミと宝を支払って発売するインターネットテレビ支払い、実現さん秒を支払う。
使用方法:华数会員登録をし、注目サービス窓号。使用「宝を支払って財布」スキャンテレビの二次元コード、完成を支払う。

宝を支払う指紋を支払う

2014年ななしち月じゅうろく日、モバイル決済プラットフォーム宝を支払って財布を発表水漏れ指紋決済サービス。宝を支払って財布でスマートフォンユーザーサムスンGALAXY S5には使えるこのサービス。これは国内初のスマートフォンに発展の指紋を支払うだけでなくて、移動ユーザーに行くより安全、より便利な支払い体験も、つまり国内モバイルペイメント産業からデジタル時代の生体認証パスワードに踏み入る時代。

宝を支払う製品評価

宝を支払う安全業績

宝を支払って2010年からは連合マイクロソフト、テンセント、金山、搜狗、スターフォックス、旅行などの各大ヒットメーカー、ブラウザメーカー、銀行などのパートナーを確立した国内ǒб分野における最大の反釣りリアルタイム情報。宝を支払うに毎週この仲間貢献万条価値のある釣りデータ。また、宝を支払ってもと国際反釣り機構MarkMonitor、Netcraftや国際安全メーカーTrendMicro、MicroPointなどの協力、共同見つかった海外フィッシングサイトを停止または遮断。
2013年通年、宝を支払って、国内外の反釣りの組織及び各ブラウザのメーカー、計屏蔽フィッシングサイト155282のパーセントの世界的な金融類フィッシングサイトの43.49%総量。2013年、宝を支払って連合全国じゅうよんに市の公安機関に対して、携帯電話の木馬など盗用、詐欺事件宝を支払うユーザー展開打撃、通年の犯行グループじゅうろく打撃、逮捕容疑者は35名、合計千万元超事件。

宝を支払う安全保障協力

<b>365</b><b>安全防衛網</b>
2010年さん月じゅういち日、「ネット取引の安全情報プラットフォーム”は北京で正式上線。このプラットフォームは、公安部広報局と遼寧省公安庁の「365安全防衛網」が手を携えて淘宝網と宝を支払って連合構築。このプラットフォームを提供し、公衆権威のネット取引セキュリティ情報、公衆の安全対策意識を高め、打撃各種ネット詐欺行為、それによって全体のネット環境浄化。
<b>4000</b><b>万基金</b>
2014年よんしよ月きゅう、く日、宝を支払って発表する投入4000万元と取引先の共同安全基金は、主に向けて防衛の反釣り、反木馬防御、アンチマネーロンダリング、反悪意の攻撃、ユーザーの情報の保護などの分野。
共同プロジェクト
2012年きゅう、く月じゅうななじゅうしち日、宝を支払ってリードして国内初のインターネット業者安全連盟を通じて、安全技術、データ共有、助けの取引業者安全ガードレベルアップ。美団、大衆点評、58同城、アルクバ、外国為替元網など多くの家さんじゅうǒб第1陣加盟メンバーになる。
2012年ろく月じゅうよん日、宝を支払うとの共同開発を発表しマイクロソフトと配置設備健康模型を強化し、ネットワークの安全とプライバシーの保護。
2011年きゅう、く月、宝を支払って、PCI認証。Payment Card Industry(以下、PCI)認証は、VISA、アメリカン・エキスプレス会社、JCBとMasterCardなど国際連合して、現在の全世界の最も厳しい、最高の水準の金融機具安全認証の基準。
2011年ろく月21日、宝を支払うと手を組むの百社設立安全ペイメント連盟を通じて、広くユニオン銀行、安全会社、ブラウザ、第三者支払、ǒб企業などの横の産業チェーンのメンバーで、ユーザーの安全を核心の支払いを形成し、厳密な安全保護、中国の電子商取引産業の発展を促進する。
2011年よんしよ月にじゅう日、宝を支払うとUC優視締結戦略提携協議をベース携帯ブラウザ+安全ペイメントサービスこの構築し、共同国内初の実現ブラウザ内の支払いの移動安全ペイメントソリューション。
2010年じゅう月じゅうく日、宝を支払うと携帯電話からチップメーカー、システム方案商、携帯電話のハードウェアメーカー、携帯電話メーカーなどに応用ろくじゅう複数のメーカーが共同で設立し「安全ペイメント産業連盟」。

宝を支払う安全に注意して

いち、宝を支払って資金(ショートカット支払い、殘高、殘高宝)は、保険会社が全額担保、盗難リスク経確認100%賠償、賠償金額上限は、最速の24時間の入金。覚えて以下の条安全注意して、もっと良い保護セキュリティー:
に、宝を支払って唯一の24時間ホットラインを95188殘高宝を単独での顧客サービスの電話番号、
さん、支付宝のパスワードとパスワードを支払う必要が単独で設置高いセキュリティレベルのパスワードを、携帯電話に撮影開始パスワード設定、宝を支払い財布手振りパスワード設定、
よんしよ、宝を支払い口座を実名認証、インストールのデジタル証明書等の安全製品、携帯電話が大幅に向上する口座の安全性、
ご、信じない「代行クレジットカード」、銀行カードを取り扱う絶対に他人の携帯番号を殘して、自分の携帯電話号するしかない、
ろく、身分証は、銀行のカード番号、パスワード、メールチェックコードなどの情報が必ず保管しない見知らぬ人に漏らす、
ななしち、どんなはコンピュータ上で、まだ携帯にも勝手に受信見知らぬファイルも勝手にリンクをクリックして、よく知らない、彼らの木馬釣りに落ちる全、
はち、コンピュータの上で支付宝中にご注意くださいアドレス・バーの前に緑色セーフティロック+「https」と書かれ、もしURL接頭辞は「ぜひ警戒心を高めた、
きゅう、く、安全のためにしないで、「脱獄」や「ROOT」の携帯電話、刷機リスクもあり、慎重に。
キャンセルジェスチャーパスワード
「ジェスチャーパスワードはさんじゅう日後サービスの停止……」記者会見で、宝を支払いし、宝を支払ってすでに完備した大データ風管理システムを判断してユーザーの行動を取ったとしても、「盗まれたパスワードを、本人以外にも使用できない宝を支払う」。
現在の宝を支払っている形成は口座、設備、位置、行為、関係、好みなどろく次元の中で構成された大データ風制御システム。
さんヶ月前に宝を支払ってすでに続々とスタートのインターフェースにユーザーにプッシュを閉鎖ジェスチャーパスワードのオプションは、また、宝を支払っても無料ユーザ最高支払はひゃく万元の口座安全保険、いったん発生盗ブラシ、宝を支払って方面に保険条例を弁償を払う。
よく注意してトリック:
偽コール
代のクレジットカード
ネットの兼職詐術
大きい取引先から商品リスト二次元コード
淘宝システムのアップグレード、トレーディングカード単

宝を支払う規制の競争

宝を支払って正式のレギュレータは、中央銀行の。2010年ろく月正式に公表し、中央銀行の『非金融機関の決済サービス管理弁法』に国内第三者支払業界の規制が正式に実施。関連規定によって、非金融機関に提供するサービスを必要支払う規定通り『支払い業務許可証》となり、支払機関で、2011年きゅう、く月いち日を第三者支払機関許可証を取得していない期限経過しましたが、企業はない支払い業務に従事し続ける。
2011年ご月26日、各界の待望の第三者支払ライセンス発給ついに初の支払いを獲得した、などの中央銀行が授与する国内第一枚の「支払い業務許可証》(業界は「支払いライセンス」)。聞くところによると、この写真は許可証を全面に覆われたインターネットや携帯電話の支払いを支払う、銀行カードの収書、プリペイドカード発行されるなど多くの支払いと業務タイプ。
中央銀行は宝を支払ってなど第三者に支払う業界はすでに正式発表の監督管理法規を含む:
2010年ろく月21日付の「非金融機関決済サービス管理弁法」
2010年じゅうに月いち日リリース「非金融機関決済サービス管理弁法実施細則」
2012年きゅう、く月27日リリース「支払機関プリペイドカード業務管理弁法」
2013年ろく月ななしち日リリース「支払い備え付機関の顧客の金存管法」
2013年ななしち月ご日リリース「銀行カードの収単業務管理弁法」
2014年さん月じゅうさん日、中央銀行の下の髪について宝を支払って、停止テンセント会社仮想クレジットカードや二次元コードの支払い等の業務の意見の状。中央銀行に今回の停止の理由は、メディアは「動いた銀聯のチーズや主因」。
中央銀行の支払決済司副司長週間金色2014年さん月じゅうよん日新華社記者とのインタビューを受け、「暫」ではなく「ストップ市場のうわさ」。
2014年さん月じゅうはち日午前、中国人民銀行の中国の支払いを主管清算協会常務副会長蔡洪波中国で支払いシステム開発高層のフォーラムでは、などの二次元コードを支払う関連標準システムなどの樹立以降、鑑定基準に達した後もする。これも中央銀行協会の幹部はこれに対しての初めての部下を発表し。
2014年よんしよ月22日、第6回中国移動支払い産業フォーラム」で、中国人民銀行金融ICカードの指導者グループの事務室主任李晓枫によると、中央銀行は、モバイルペイメント電子化路線を含むいくつかソフトウェアが同じ車で使用する二次元コード支払い方式のパスワード認証できない、種としての支払い方式に広く普及するほうが正しいと思うけどね。

宝を支払う限度額の争い

中央銀行の限度額原案
中央銀行の継ストップ仮想クレジットカードや二次元コードを支払った後、また多くの家に第三者機関が出した『支払機関ネット業務管理弁法』(以下『管理弁法』)草案の意見募集稿、その条項に第三者支払の振替、消費金額などを制限。
宝を支払って応え中央銀行の原案
調査によると、中央銀行はまだ発表した『管理弁法」草案第25条の規定により、個人口座振替で支払う金額を超えてはならないせん元、同じお客様にすべての支払い口座振替年累計額いち万元を超えてはならない。個人の支払い口座単筆消費金額を超えてはならない5000元、同一個人顧客のすべての支払い口座消費月累計額いち万元を超えてはならない。限度額を超えては、お客様の銀行口座を通じて。
ユーザーの関心が未来に対して購入殘高宝などの金融商品の問題かどうかを制限され、さん月じゅうはち日、宝を支払って、公式Twitterで表示:第一に、意見募集稿に属するの草案は、つまりはまだ立案の段階は成立し、より実施していない。ごとに1つの管理方法の登場に色んなバージョンの草案は、第二に、会社はすでに関連の意見のフィードバックを中央銀行、さらには積極的に交流と中央銀行である;第三、以上は正式な意見なので、殘高宝の使用制限がない。
<b>銀行と宝を支払ってPK</b><b>のアップグレード</b>
2014年さん月24日、工商銀行決済と現金管理部部長王鈜記者の取材を受ける時は、銀監会による「電子情報管理を強化することについて銀行の通知》(86号文)の規定に基づいて、第三者機関に完成安全認証の電子の資金移転と支付業務は、少なくとも首笔業務で前から口座を通じて所在銀行物理拠点、電子ルートや他の有効な方式の検証と直接顧客が、支払機関は、ユーザー体験として、お客様の支払いに同意しない首笔業務に開通してショートカット銀行まで契約のこの安排。だから、この意義の上から言って、2011年から年にわたってさん、ショートカットの支払いはずっと「違法」状態。
2014年さん月25日、支付宝で内部従業員投稿の方法で公式Twitter応えると、ショートカットを支払う違法なら、工商銀行は「悪意」。この文章は宝を支払って資金決済の部员唐俭の文章によると、ショートカットの支払いを支払う首笔前、宝を支払って認証を通じて情報の専用線の速達に直接銀行は、銀行の検証。このような、非公開の専用線検査の方式に比べて公開ネットワーク、ハイジャックされやすい木馬の遷移ネットの銀の方式の安全が多い。また、この文章は「4大行制限のショートカットを支払う宝を支払って、同時に自分のオンライン決済銀行は制限しないで、これは火を見るより明らかの弾圧の宝を支払って、はすでに明らかに抵触《反独占法』の規定によって、疑いの不正競争。」
2014年さん月25日午後、巷間で広く工に徐々に閉鎖宝を支払ってショートカットを支払うポートの噂は、工商銀行によると、確かに減って宝を支払ってショートカットを支払うポートが、声明も興味深い言葉は「宝を支払って方面を配合し、お客様の取引に何の影響もない。」
記者は知って、上から日曜日の夜から、続々といくつかの工商銀行の顧客に発見して、その工商銀行のカードは宝を支払ってショートカット支給するため、情報もあるが、閉鎖ショートカットを支払うポート。これに対して、工商銀行によりますと、銀行が減っているショートカットの支払いのインターフェイス、リスクを減らす;集中管理を実現する。計画に沿って、未来のインターフェイスをショートカット支払い統一杭州、他の支店のインターフェース閉鎖。
工商銀行は声明によると、仕事について統一のインターフェイス、工商銀行と宝を支払って方面はすでにを長時間疎通し、十分な準備をしてと手配、関連の仕事は全部楽屋で完瞭するなど、宝を支払って方面を配合し、お客様の取引はいかなる影響をもたらす。工商銀行の関係者は、「もともとはランダムで支配、統一後もし宝を支払って配合、指令が杭州で。もし宝を支払って協力しない可能性がある、取引が成功しない。」
ムラが必要かどうか、監督管理部門の認定
一位にサインをしたくないの業界関係者によると、革新的な業務にしてみれば、いつでも古いの条項を制約して、確かに現れやすくて規則の現象に合わない。しかし具体的な業務にショートカットを支払うまでに違反かどうかは銀監会、銀行などの規制当局が言った通りにする。
北京京北投資管理有限公司総裁罗明雄は、ショートカットの支払いのインターフェイスの方面で、可能性があるとの競合の関係。実は工商銀行を統一するインターフェースもないと言って。しかし現世論と勢いで、インターネットの精神に劣るの方も少し負けと可能性。実は予想できるのは、金利の市場化の下で、銀行の競争も激しいかもしれないから、中小の銀行が飛び出し、自分から宝を支払って協力して、制限しない要求など、これも金利市場化の1種の思考と配置。罗明雄として、みんなの前で並べて、どのように探して効率と安全のバランスが、あまりにも多くの機関を差し安全の基で、相手と自分の打撃包装。しかしこの過程の中で、ユーザーの安全意識を向上させ、合理的な競争の方式は肝心な点。

宝を支払う日記の騒動

2016年じゅういち月宝を支払って発売枠の機能、書き込みと胡麻信用分を縛り、甚だしきに至っては女性限定、大量の美女自拍、甚だしきに至っては大尺度写真をされて、そのため「」。
宝のインターフェースにまだ見つからない枠の機能の入り口だが、トップページの検索ボックスを探す。そのうち「」と「」と「キャンパスの日記誘って」など、時は内容がない。

宝を支払う負の事件

2015年ご月27日午後、一部のユーザーがネット故障その反映して宝を支払って、アカウント
宝を支払う宝を支払う
登録できませんまたは支払い。宝を支払って公式によると、故障は、杭州蕭山区某所光ファイバー挖断され、事件は、ユーザーに使用できない部分が宝を支払う。その後は宝を支払って技師を切り替え、他ユーザー緊急要請室、影響を受けたユーザーは徐々に回復。夜ななしち時にじゅう分、宝を支払うユーザーサービスは回復するのが正常で発表。
2016年2月にじゅうろく日正午じゅうに時さんじゅう分、ユーザーから招商銀行と宝を支払ってAPPのPush通知、連続消费され2つの受注、1筆の4999元、1筆の20000元。計24999元。すぐにロッククレジットカード、アラーム110フィードバック招商銀行、フィードバック宝を支払う。2016年さん月じゅうに日夜、宝を支払って官マイクロ初めて謝罪しし、ユーザー。宝を支払って側は、このユーザーの場合には携帯電話の時、かつて自分のブートパスワードとハンマー携帯電話の雲は、アカウントのパスワードを教えてくれたバイヤー、盗用者の利用をリードしてこれらの情報を解読した宝を支払い口座。このユーザーアカウントで他人を操作時注意しなかった携帯電話について、宝を支払うのは自分が認めていなかったこのリスクによる検出、このユーザーに謝罪し、同時に表示、続けては宝を支払っての安全審査メカニズムについての最適化と改善、さらに向上リスク査察正確度。
ソフト・ホール
2017年じゅういち月日あるネットユーザーは発見して宝を支払っての緻命的な脆弱性を熟知して、他人にあなたの宝を支払って個人情報を通じて「パスワード機能を取り戻す」を登録して宝を支払ってパスワードを改竄。宝を支払って方面と応じ、この方式は特定の情況の下でやっと実現して、現在すでに一層高まった風制御システムの安全レベル。

宝を支払う最新情報

宝を支払ってじゅう月じゅうに日から超過で0 . 1%のサービス料を現を徴収する
続いて』が、明らかにした第三者支払機関での取引の過程の中で、生じたお客様付金を備え、今後って指定口座から統一は、中央銀行の管理、支払機関は流用、占用顧客準備付金。